STRESS FREE − annex

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

『三日三月三年』ネットビジネスも三日坊主で諦めず「石の上にも三年」で取り組もう。



太田です。



皆さんは、

「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」

という言葉を聞いたことがありますでしょうか?

また、古来より「三日坊主」や「石の上にも三年」という言葉もある通り、習慣化等に関することわざや慣用句で三日、三月、三年といったタイミングは、何かしらの意味を持っているといって良いでしょう。



尚、余談ですが、3という数字には、数霊的見地からも「最も安定した数字」とされ、そういった概念がなかった時代には、最も大きな数字とされていたそうです。(今でいう「無限大」のイメージ。)それ故に、ことわざ・慣用句・世界観など

「物事を3つで捉える。」

という考え方は、万国共通の様です。

例えば、

「世界三大●●」



「日本三大●●」

といったものですね。



今日は、そんな3という数字にまつわることわざや慣用句からネットビジネスでの成功の鍵を考えてみたいと思います。

それでは早速、いってみましょう。



「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」の意味について①



まず、世間一般で、この言葉の意味は、

「会社に入社後、退職を考える人が多いタイミング」

として認識されている方も多いようです。



つまり、そういった解釈でこの

「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」

という言葉を捉えると、

まず「入社三日目」は、当然ながらまだ社会人として右も左も分からないウブな状態、新入社員としても期待と不安が入り交じった不安定な心理状況であることは間違いありません。

そんな中で、社会や会社の「現実」に直面することで、早々に

「会社の選択を間違えた。」
「今ならまだやり直せる。」


といった短絡的、衝動的な感情で退職を考えてしまう人が多い時期と考えられますね。



次に「入社三月目」ですが、この時期は新入社員研修が終わり、まさにこれから実務がスタートするタイミングといったところでしょうか。

この時期も、「入社三日目」同様、研修という準備期間が終わりいざ実戦となるわけですから、新入社員にはかなりのプレッシャーのはずです。

ともなると、ちょっとした仕事のミスや、人間関係でつまずいてそのまま挫折してしまい退職まで考えてしまうというパターンですかね。

要するに、この「入社三月目」というのは最初の壁にぶち当たるタイミングと考えて良いでしょう。



最後の「入社三年目」、これは会社の規模にもよると思いますが、営業職や技術職限らず一通り仕事を覚えて、ある程度、責任を持たされはじめる時期といったところでしょうか。

当然、先輩達の姿をみていれば、おのずと自分の将来もある程度分かってきますから、そこに不安なり不満を感じて転職を考えても何ら不思議ではありませんね。



「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」の意味について②



ただ、この言葉ですが、元々は芸事や修行の心構えを表したもので、


三日我慢出来れば、三ヶ月は耐えられる。
三ヶ月耐えられれば、三年は頑張れる。
三年頑張れれば、一生耐えられる。


という意味なんですね。

私も、新入社員の頃に、先輩からこの意味で教わった記憶があります。

ただ、実際にこのタイミングで会社を辞める人が多かったことから、前述のような意味で捉えられるようになったのだと思います。



まあ、今思えば私自身もその言葉を真に受けてよく頑張ったなと、我ながら感心する位、当時はがむしゃらに仕事をしてましたね。

別に、今、真面目に仕事をしていないわけじゃないですよ(笑)。

とはいえ、この言葉、個人的には非常に的を射たものだと思っています。

実際、私も会社を辞めたいと思ったりもしましたが、振り返ってみたら3年目以降は、あまり思わなくなりましたので。



「三日三月三年」「三日坊主」だった人と「石の上にも三年」耐えた人



ただ、私も一部上場の大手企業に勤める現役サラリーマンですので、

これまでに多くの「新入社員」をみてきましたし、同期の中にも「入社三日目」「入社三月目」で辞めていった人達もいましたが、その後の生活をみる限りは、正直、あまりかんばしくありません。

無論、そこから転職してその能力を開花させ、成功を掴んだ人も0(ゼロ)とは言いません。

しかし、大抵の人はその逆でそのまま日の目をみないまま、結局、悶々とした生活を送っているのが実態です。



少なくとも、私が知る限りでは目に見える成果を上げられずにいる人の方が圧倒的に多いですね。

例えば、その後も何をやっても長続きせず、職を転々としているといった感じです。



まあ、冷静に考えてみればそうなることはある程度、予想できます。

何故なら、転職先の会社もあえて「入社三日目」「入社三月目」で退職するような人を採用したいとは思わないからです。

それは、そうですよね?

そんな人を雇っても、同じようにすぐに退職してしまうリスクがあるわけですから。



何せ、入社してすぐの社員なんて、基本的にすぐにお金を稼いでくれるわけではありません。

むしろ一人前になるまでは、会社が持ち出しで教育することを前提に採用しているわけですから、入社早々退職されてしまっては、会社もそこに掛けた教育費はまるまるドブに捨てたことになってしまうわけですね。(あくまで新卒の人の話です。中途は別ですよ。)

どう考えても、そんな「三日坊主」な人を強いて採用したいと思う奇特な会社は稀じゃないでしょうか。

それこそ、超特殊な能力やスキルを持っているというのであれば、話は別ですが。



つまり、

「入社三日目」「入社三月目」といったタイミングで早期退職してしまった場合、次に再就職可能な会社は基本的にそれまで在籍していたところよりレベルやランクが低いところにならざるを得ないと思って下さい。

ただでさえ、忍耐力のない人が、更にレベルやランクが低い会社に移ってモチベーションが維持出来るでしょうか。

私は難しいと思いますけどね。

結局ところ

「隣の芝生は青くみえる。」

つまり

「別の会社が良くみえる。」

だけであり、大抵の場合、それは幻想に過ぎません。



なので、昔から「石の上にも三年」と言いますが、少なくとも一通りの仕事を覚えるまでは、文字通り

「石にかじりついてでもやり通す。」

それ位の気概は最低限、必要じゃないでしょうか。



ただ、昔に比べて世の中のスピードが速くなっていることは否定しません。

しかし、どんなに世の中のスピードが速くなっているとは言え、人間の能力そのものがそこに追いついていけているかといえば、そこは大いに疑問なわけですね。

よって、そんなに早く結論を出すのはもったいないんじゃ無いのかなと言うのが私の意見です。

勿論、入った会社が実は超ブラックだったとかであれば話は別です。

体を壊してまで働くのは本末転倒ですからね。



よって、そういった特別な事情がない限りは、やはり

「石の上にも三年」

を目安に、一通りの仕事を覚えてからでも転職を考えるのは遅くないと思いますよ。

そこまでやれば、仮に転職をするにしても次の会社どの程度のものかを判断出来る目も養えるでしょうから。



ネットビジネスで本当に大切なことは?



今日は、ちょっと説教じみた話になってしまったかも知れませんが、ただでさえネットビジネスは、自己資金なく、リスクもなく、誰もがなんの覚悟もなくはじめられるからこそ、諦めるのも早いんじゃないでしょうか。



例えば、有名ラーメン店で修行をしながら自己資金を貯めて、自分のお店を出店した人だったらどうでしょう。

それこそ、仮に銀行等から融資をしてもらったとしても数百万円単位のお金が必要になりますよね。

そう簡単には引き下がれないはずですから、普通であればそれなりに努力し、諦めずに頑張るはずです。



また、ネットを見回すとアフィリエイトやせどり・転売などで、

「3ヶ月で●万円稼いだ。」
「半年で月収●百万円達成。」


といった短期間で成果を出したというアフィリエイターさん達のブログをよく見かけますが、そういったものも早々に挫折する人を増長する一因になっていると思います。

つまり、そういった実績をそのまま鵜呑みにして

「半年やったけど、全然結果が出ない。」

と、諦めてしまった人も多いのではないでしょうか。



勿論、より早く結果を出せることに越したことはありません。

ただ、

「早く結果を出すことが本来の目的なんですか?」

と私は言いたいわけですね。



むしろ大切なのは、早く結果を出すことよりも

「稼ぎ続けること。」

ではないでしょうか。



例えば、結果を急ぐあまり「誇大広告」や「詐欺的な情報」で人を騙しているようであれば、その様な媒体は長続きしないはずです。

そんなことをして一時的に稼げたとしても、その先は目に見えていますよね。

それよりも、本当に「価値ある情報」を提供し、お客さんと信頼関係を築いていった方が、爆発的には稼げないかも知れませんが、長い目でみれば遥かに有益じゃないでしょうか。

少なくとも、私はそう思いますけどね。

まあ、それでも一時的に稼げればそれで良いというのであれば、あえて止めはしませんが。。。



そもそも、それぞれ既に持っているスキルや生活環境も違うわけですから、早く結果を出せる人もいれば、そうでない人もいるわけです。

だから、早く結果が出ないからといって、こんなにも可能性に満ちあふれたネットビジネスを諦めてしまうのは、非常にもったいないんじゃないでしょうか。



当然、東京から大阪に向かうのに、仙台方向に進んでいれば目的地にはたどり着けません。

でも、方向さえ間違っていなければ、いつかは目的地にたどり着けるはずですよね。

たとえそれが、「徒歩」であってもです。

たまたま早く結果を出せた人は、新幹線のチケットを持っていて、それに乗ることが出来ただけに過ぎないんですよ。



特に、私のように本職を持っている人や、子育て中の人は本来やるべきことを見失ってはいけないと思います。

サラリーマンであれば職位に応じた「責任」がありますし、子育て中の人であれば、子供を養育する「義務」があります。

それを無視・放棄して、副業に没頭していては本末転倒じゃないでしょうか。



そもそも、ネット上で

「3ヶ月で●万円稼いだ。」
「半年で月収●百万円達成。」


なんて言っている人の実績なんてその大半がアテにならないですし、仮にそれが本当だとしても、ほとんどは

「ネットビジネスを本職としている人」

なわけです。



そんな人の言葉を鵜呑みにして、同じように結果が出ないとしても、物理的にネットビジネスに割ける時間が根本的に違うわけですから、普通に考えて敵うはずがありません。

無論、だからといってダラダラ努力しなくても結果が出るわけではないですよ。

そこは勘違いしないで下さいね。



「正しい道を見極め、限られた時間を毎日真剣に取り組む。」



そうすれば、多少時間は掛かっても必ず目的地にたどり着けるはずですよ。



後は、

「自信を持って真剣取り組む。」

それだけです。

例えばブログならまず「3日」続けて書いてみる。次は「3月」を目処に頑張ってみる。そうすれば、ブログを書くことが「習慣化」されてきますし、文章を書く力も全然違ってくるはずです。そうなれば、まさに「三日三月三年」で1年2年と続けていけるはずですよ。



それでは、太田でした。



【参考記事】

情報商材の「実績」はアテになるのか?



PS.

とはいえ、やはり自分が本当に目的地に進んでいるかどうかが不安になるのも事実だと思います。

そこで、私から1つでも推薦商材を購入頂いた方には、原則、無期限のサポートを付けさせていただきます。(ただし、真剣に取り組む気がある方限定とさせて頂きます。)

>オススメ情報商材 (準備中)

忙しいけどじっくりと腰を据えてネットビジネスに取り組みたい方、一緒に頑張ってみませんか?



まずは、私の無料メルマガ講座からでもご覧になってみて下さい。


「億を稼ぐコピーライターさん」
「億を稼ぐマーケッターさん」
「億を稼ぐ転売ヤーさん」


にコンサルしてもらっている「有料級」の情報を出し惜しみなくお伝えしていますので。

>太田憲一の無料メルマガ講座(準備中)



ネットビジネスで結果を出すために必要なたくさんのことを、しっかりと学んで頂けると思いますよ。



それでは、太田でした。



スポンサーサイト
2016.02.16|コメント(0)トラックバック(-)Edit

『新年のご挨拶』ネットビジネスで目標を達成するには?



こんばんは、太田です。



明けまして、おめでとうございます。。。

って、もう1月も2/3を消化していますから、何を今更って感じですね(苦笑)。



もちろん新年の挨拶が遅れたのにはそれなりの理由があるわけですが、端的に言ってしまえば、本職であるサラリーマンとしての仕事が忙しかったからです。

ただでさえ、年始ということで毎年、この時期は忙しいわけですけど、その忙しさに輪を掛けたのが、直属上司の電撃人事。

年末に突然、その上司である部長が本社へ異動することになってしまったため、その引き継ぎやらなんやらで、結局、お正月休み返上で働く羽目になってしまいました。



まあ、普段はブログを書く時間を捻出するために、かなり時間管理と仕事量のコントロールを徹底していますが、流石に吸収しきれないボリュームでしたね。

サラリーマンが本職である以上、それを疎かにするわけにもいきませんので、こればっかりは仕方がありません。



とは言え、全くブログを書く時間がなかったわけではなく、「教育用ブログ」である

>STRESS FREE – webビジネス検証本館

コチラのコンテンツの充実化に力を入れていた次第です。



そんなわけで、今ご覧のこのブログについては今日の記事が今年1本目となりますが、年頭とういこともありますから、

「目標達成」

について、私なりの考えを述べておきたいと思います。



それでは早速、いってみましょう。



一年の計は元旦にあり



というわけで、2016年01月も半分以上過ぎたわけですが、私の勤める会社でも、仕事始めには社長による今年の抱負や目標が示されます。

会社に限らず、個人にとっても新年のスタートであるこの時期は新しいことに挑戦したり、その計画を立てるにはピッタリなタイミングではないでしょうか。

昔から「一年の計は元旦にあり」と言いますからね。



あなたは、何か今年の目標なり計画を立てましたでしょうか。



私も、本業であるサラリーマンとしてビックプロジェクトが決まりましたし、副業であるネットビジネスにおいては、今年は本格的に「企画」を始めて行きたいと計画していますので、勝負の年になりそうです。



まあ、別にこれはビジネスに限った話ではありませんが、何かの目標や計画を達成するには、「行動」する以外ありません。

つまり、突き詰めて考えれば、結局のところ、


・やる
・やらない


の2択といって良いでしょう。



当然、そこで何かのアクションを起こせば、何かしらの結果が伴います。

そして、その結果は自分が意図したものではない、つまり「失敗」に終わる可能性も否定できませんし、むしろ目標や計画の難易度によっては、そちらの確率の方が高いかも知れませんね。

勿論、自分の思い描いた通りの成果を得る事が出来て「成功」することもあるでしょう。

要は、「失敗」にせよ「成功」にせよ、行動すれば必然的に「結果」がでるわけです。



ここで、ビジネス的な観点から言えば


・稼げなかった=失敗
・稼げた=成功


というのが一般的です。

無論、ビジネスである以上、慈善事業ではありませんから「稼いでなんぼ」であることは否定しません。

しかし、何かを「学ぶ」という視点から考えると、むしろ「失敗」からの方が「得る」ものは大きいと私は思います。



つまり、売上という尺度にとらわれなければ、結果が出たと言うことは、その内容に関わらず、そのビジネスは

「成功」

と捉えることが出来るわけです。



例えば、あなたが「アフィリエイト」で月10万円を稼げるようになるという今年の目標を立てたとします。

1年後、月1万円しか稼げる様にならなかったら「売上目標」という意味では、完全に「失敗」かもしれません。

ただ、それ以外にあなたが得たものはないでしょうか?

・ライティングスキル
・デザインスキル
・SEOに関するスキル
・HTMLに関するスキル


等々の「技術」や「知識」を完璧ではないにしろ、身に付けることが出来たわけですし、更に言えば、

「アフィリエイトで月1万円しか稼げなかった理由」

を知ることが出来たと言えます。

それは、

・記事がつまらなかった
・デザインが悪かった
・HTMLソースが汚かった
・アクセスが少なかった


といったスキルやテクニカルな面かも知れませんし、根本的に

・作業時間が足りなかった
・作業量が少なかった


だけなのかもしれません。



まあ、いずれにせよ、「失敗」したらその「理由」なり「原因」を追求していけば、おのずと

「自分に足りないもの」

が見えてくるわけですから、次はそれを改善して再チャレンジすれば良いだけのことです。

つまり、それを「失敗」ではなく「成功」への通過点と捉えられるかどうか。

むしろ、「失敗」したことで「成功に1歩近づいた。」と捉えられるような人が、最終的にこの業界で身を立てていっているのではないでしょうか。



逆に、「稼げた・稼げなかった」という一つの結果と尺度でしか、物事をはかれない人は、その過程でえら得たであろう「経験」や「技術」、「知識」といった『財産』に気が付かないんですね。

で、そういった人達は何をやっても長続きせず、すぐに諦めてしまう傾向にあります。



結局、ネットビジネスに限らず世に言う「成功者」達は、月並みな言い方かも知れませんが、

「成功するまで諦めずに続けた人達」

なんだと思いますし、不変の真理です。



常に目標に向かって行動し、その「経験」の中で得られるのが本物の「スキル」「知識」であり、その途中における「失敗」すら「明日の糧」にして結果を積み上げて行くのが、本当の意味での「成功」じゃないでしょうか。

そんな本物の「スキル」「知識」があれば、もしある日突然、その結果が0(ゼロ)になったとしても、またすぐにそれを積み上げて行くことが可能です。



もし、あなたが新年のスタートにあたり、何かの「目標」を達成したいのであれば、そういった視点で取り組んでみて下さい。

きっと、来年の今頃には、何かしらの成果を実感出来ているはずですよ。



それでは、太田でした。



PS.今月はまだ本職の方が忙しいので、ブログの更新も少なくなりそうですが、本年もどうぞお付き合い下さい。



2016.01.18|コメント(0)トラックバック(-)Edit

『メルカリスナイパー』斎藤祐介氏で売れ筋商品は狙い撃ち出来ない?



メルカリスナイパー


151224 221401


こんばんは、太田です。



今日は、

「売れ筋商品を狙い撃ち」

という謳い文句で、斎藤祐介さんが販売している情報商材

『メルカリスナイパー』

を取り上げたいと思います。



尚、コチラの情報商材ですが、タイトルからも分かる通りスマホ専用のフリマ(フリーマーケット)アプリである「メルカリ」を利用して稼ぐノウハウを提供してもらえるものとなっています。

まあ、これまでも「メルカリ」に関するこの手の転売系情報商材は定期的にリリースされていますが、一時的にインフォトップのランキングを賑わすものの、その後は、ほぼ話題にも上らなくなるパターンがほとんどです。

要するに、大半の人は「稼げなかった。」つまり有益なノウハウではなかったという事になろうかと思いますが、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』の実力はどうでしょうか?



それでは早速、いってみましょう。



【特定商取引法に基づく表記】
販売者斎藤祐介
住所〒651-1252
兵庫県神戸市北区山田町原野字大山1-216
電話番号050-3706-9897
※お問い合わせはメールにて承っております。
メールアドレスmail@mercari-sniper.com
URLhttp://mercari-sniper.com/
価格4,800円(税込)


斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』 レビュー



結論から言いますと、物理的にも内容的にも中身が「スカスカ」で「薄い」です。

また、到底役に立つと思えないバックエンドも控えているため、強いてまでオススメできません。



具体的に見ていきましょう。



まず、セールスレターに謳われているヘッドコピーは、


1日15分のスキマ時間で月収50万円!PC不要!顔出しなし!

わずか1,000円からスタート可能!

利益率50%以上を狙う超収益ノウハウを大公開!

ユーザー数1,600万人超えの日本最大フリマ市場で
スマホをいじってお金を生み出す

売れ筋商品を狙い撃ち
メルカリスナイパー

です。





「メルカリ」という市場について



まず、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』ですが、その転売先市場である「メルカリ」自体が、ヤフオクなどとの差別化を図るため基本的にはスマホ専用となっています。

まあ、厳密に言うとAndroidエミュレーターを使えばPCでも売買可能な様ですが、そこまでしてこの「メルカリ」を利用したいという人は稀かと思います。

よって、メインターゲットなる客層は、基本的にスマホユーザーということになりますので、比較的若い層の人達。

更に言えば、使っているユーザーとしては、圧倒的に「女性」が多いようです。

つまり、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』の主な転売対象となるのは、20~30代くらいの女性が好きそうなファッション系、雑貨系の商品ということになろうかと思います。



実際、「メルカリ」はPCを使わずスマホだけで簡単に売買出来る仕組みを提供してくれるため、その手軽さが普段PCをあまりさわらないような客層にウケて、その人達を市場に取り込むことに成功しています。

その為、普段Amazonやヤフオクはほとんど使わないけど、「メルカリは使う。」といった女性も少なからず存在していると思われます。

ただ、逆に言えば、Amazonやヤフオクであれば、スマホだけでなく当然PCでも買い物を出来ますから、「メルカリ」自体どうしても「偏った市場」になっていると言って良いでしょう。



まあ、そういった「偏った市場」ですから、Amazonやヤフオクとは違った客層が一定数以上集まっているサイトとも言えますので、そこにマッチした商品を転売していけば、利益を上げられる余地は十分にあると思います。

つまり、Amazonやヤフオクとは客層が異なる為、そこから仕入れた商品を「メルカリ」に出品していくだけでも、普通に利益を抜けるという理屈ですね。

よって、「メルカリ」で稼いでいくポイントは、若い女性客に売れそうな商品をAmazon等からいかに安く効率よく仕入れられるかという事。

これが、ほぼ全てといっても良いかもしれません。

で、そんな「メルカリ」を利用して稼ぐノウハウを提供してくれるのが、今日取り上げている斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』というわけです。



斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』のコンテンツ内容について



尚、セールスレターを読み進めていくと、この教材コンテンツは180ページほどのPDFマニュアルとそれなりのボリュームとなっていました。

その上で、4,800円という価格設定で販売されており、この時点で私的には、

「メルカリに関するノウハウで180ページものボリュームになるのか?」

と疑問に思ってしまいましたが、一応、その中身を確認してみました。

ただ、結論から言ってしまえば

「中身がスカスカ」

つまり、到底、4,800円の価値すらない代物だったというのが率直な感想です(苦笑)。



まず、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』ですが、購入直後、いきなり

「メルカリで稼げる商品リスト」

なる「バックエンド」が待ち構えています。

要するに、

メルカリでよく売れる商品を「有料」で教えますよ。

という売り込みのページが表示されるようになっているんですね。



この時点で、私的に

「あー。完全にこの教材はハズレだな。」

と直感しました。

つまり、この教材ではメルカリで稼ぐ為に必要な本質的なノウハウである

若い女性客に売れそうな商品をAmazon等から安く効率よく仕入れられる具体的な方法

は、書かれていないだろうなと。



何せ、メルカリで売れる具体的な商品や、そのリサーチ方法を本編であるこの『メルカリスナイパー』で明かしてしまっては、折角用意したバックエンドである「売れる商品リスト」が売れなくなってしまいますからね。

そんなおバカな事をするインフォプレナーさんは、普通いませんよね(笑)。

よって、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』本編内容の大半は、間違いなくメルカリの使い方といった基本的な内容に終始しているんだろうなと思った次第です。



そして、実際に蓋を開けたら、その直感通り(苦笑)。

まず、教材であるPDFをパラパラっとみた感想は、

「無駄にページがかさ増しされている。」

というのが、正直なところです。

何しろ、この教材PDFの1ページ1ページが大きめのフォントと広めの改行幅で文章が構成されていますし、無駄に大きなスマホ画面のキャプチャが多用されており、かなり「空白」が目立ちましたので(苦笑)。



斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』のノウハウについて



では、次に肝心なノウハウそのものについて確認していきたいと思います。

まあ、セールスレターに記載されていた目次をみた時点で、何となく想像は出来ましたが、それ以上に残念な仕上がりです。

メルカリという市場に特化したノウハウを期待して購入した人は、間違いなくガッカリする内容でしょうね。



何せ、予想通りマニュアルの半分以上が、メルカリ自体の使い方といった表面的な内容に終始しており、それ以外の部分についても特筆するような情報は、ほぼ書かれていませんでしたので。

まあ、この手の物販系情報商材にありがちなサイトのヘルプに書かれているような内容を無駄に詳しく解説しているだけのページが大半を占めていると思って下さい。



今どき、このメルカリに限らず人気のサービスであれば、ネットを検索すればそれこそ手取足取りレベルで紹介してくれているサイトがいくらでも見つかる時代ですからね。

ましてやサイト自体のヘルプも充実しているわけですから、そんな内容を無駄に噛み砕いて説明してくれる必要があるでしょうか。

少なくとも、私はそういった稼ぎに直結しないような自分で調べれば分かるレベルの情報は不要だと思うタイプですので、明らかに教材の大半は「無駄」なページだと感じました。

まあ、メルカリの予備知識が全く無いような人が、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』を読んでも、

「内容が薄い。」

という感想になるんじゃないかなと思いますね。



何しろ、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』本編に書かれているのはメルカリの使い方といった外堀を埋めるような表面的な情報ばかりで、稼ぎに直結する具体的な「稼ぎ方」といった部分は、ほぼ語られていないに等しい内容でしたので。

結局のところ、この『メルカリスナイパー』本編はバックエンドとして用意されている「売れる商品リスト」への伏線、完全なフロント商品に過ぎないわけです。

つまり、『メルカリスナイパー』本編を購入した人達に、バックエンドとして用意した「売れる商品リスト」を購入しないことには、メルカリで稼ぐのは難しいんだと思わせることが目的なのです。

なので、どう考えてもこの本編でその具体的な商品やリサーチ方法が明かされるはずもありませんよね。



実際、この『メルカリスナイパー』本編に書かれている

「稼げる商品を仕入れていくノウハウ」

なんて、せいぜい


・若い女性をターゲットにする。
・季節にあわせたファッション、小物を中心に取り扱う。
・Amazonのランキング上位の商品で価格差のあるものを狙う。
・中国サイトのTaobao(タオバオ)Alibaba(アリババ)で商品を探す。


といった今更言われるまでもないようなポイントがザックリと書かれているだけで、

あとは「地道」にリサーチして下さいね。

といった感じです。

つまり、別にノウハウらしいノウハウは解説されていないわけで、

あとは、バックエンドの「稼げる商品リスト」を購入してね。

というスタンスだということです。



また、販売面におけるコツとして紹介されているノウハウらしいノウハウを強いて挙げるとすれば、

「メルカリは新規出品の商品が目立つので、最安値でなくても売れていく。」

つまり、

「ひたすら新規出品すれば、多くの人の目に入るので売れ易い。」

という理屈なわけですが、これも既にメルカリのヘビーユーザーには常識ですから、特筆すべきものではありません。



斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』で稼げる商品は狙い撃ちできません。



以上、この斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』は、物理的にもノウハウ的にも「スカスカ」で「薄い」というのが正直なところです。

何しろ、教材PDF自体、空白が目立つ位で構成されている上に、内容もメルカリのヘルプやネットで調べれば事足りるようなものでしたから、フォントサイズや改行幅を普通にして、

要点を絞ってまとめたら実質1/3位の物量なんじゃないでしょうか。

稼ぎに直結するような本質的なノウハウだけを抜き出したら、更に圧縮可能かと。。。



ハッキリ言ってこの内容であれば、無料レポートレベル、良くて1,000円位が妥当なんじゃないでしょうか。

一応サポートが「1ヶ月間」付いているようですので、それを含めてかろうじて4,800円という価格設定も何とか納得出来るかなといった感じですね。

無論、そのサポートの対応次第というところですが。

いずれにしても、この教材PDFだけであれば、4,800円の価値はありませんね。



尚、私の方はこの斎藤祐介さんの『メルカリスナイパー』のバックエンドとして用意されている「売れる商品リスト」はパスしました。

何故なら、この手のリストは基本的に使えないからです。

普通に考えて、そのリストが本当に稼げる商品を網羅したものであるなら、それをあえて公開するメリットが斎藤祐介さんにありませんので。

何しろ、物販系ビジネスは競合を避けてこそ稼げるわけですから、あえて、ライバルを増やすような行為をするはずがありませんので、このリストを販売するビジネス上のメリットが、斎藤祐介さんにあるとは到底、思えませんね。

もし、そのリストで本当に稼げるなら、自分で仕入れてガンガン転売していけば良いと思いませんか?

結局、このバックエンドとして用意されているリストも

「斎藤祐介さんが販売目的で用意しただけの商品リスト」

だと思った方が良いですよ。



まあ、そんなレベルのバックエンドが用意されている位ですから、そのフロント商品である『メルカリスナイパー』が、それ以下のレベルであることは想像に難くないかなと。

とは言っても、4,800円という価格設定ですから、勢いで買ってしまったところで大きな痛手を被るようなことはないでしょうが、あえて購入する必要もないといったところですね。

所詮、ネットで「メルカリ 攻略」「メルカリ 出品 コツ」とかで検索すれば、普通に得られる程度の情報をまとめただけですので。



以上、ご参考までに。



物販で稼ぐなら



初心者の方が、手軽にはじめられるネットビジネスとして「せどり・転売」等の物販ビジネスは、オススメです。

その理由としては、

「安く仕入れて、高く売る。」

これ以上でもなければ、これ以下でもない。それ程、やることがシンプルだからです。



そして、

・ヤフオク
・Amazon


等を使うので、基本的には、自分で集客する必要が無いというところもポイントです。

集客が出来なくて、ネットビジネスを断念する人も多いですからね。



しかし、問題点もあります。それは、

・仕入れを行うのに自己資金が必要
・逆ざやになる可能性がある
・競合で仕入れられない・転売出来ない可能性がある


ということです。



まず、「仕入れを行うのに自己資金が必要」この点については、手持ちの中から無理の無い範囲で始める。

これしか無いと思いますので、ノウハウ云々の話ではないですね。ちなみに、借金をしてまで始めるのはNGです。



次に、仕入れた価格より安い金額でしか売れず「逆ざやになる可能性がある」及び、利益を見込める商品が「競合で仕入れられない・転売出来ない可能性がある」という問題点ですが、

その裏を返せば、せどり・転売で稼ぐ肝(キモ)は、

「利益の見込める商品を、競合を避けて、いかに多く仕入れ転売出来るか。」

それだけだとも言えます。

よって、この点に関して明確な答え(オリジナリティ)をだしているもので無ければ、情報商材としての価値は「?」です。



その点を、満たしてくれる教材として、ネット完結型であれば、せどりエイターれお☆さんの

>次世代せどり・転売メソッド「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)

断然、コチラをオススメします。

しかも、ノウハウだけであればなんと、無料で公開されています。



また、ネットからの仕入れに不安があり、どうしてもリアルな仕入れにこだわるのでしたら、店舗ではなく地域性もありますが、川島和彦さんの

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル レビュー(準備中)

ですね。

シンプル イズ ベストな転売ノウハウです。



あるいは1点あたりで、大きな利益を上げていきたいというのであれば、いっそのこと1回の取引で数万・数十万の儲けが得られる「中古車」転売をオススメします。

「中古車」ビジネスと聞くとハイリスク・ハイリターンというイメージがありますが、実際には資金「0」円からでも始められるローリスクな穴場ジャンルなのです。



嘘だと思われるかも知れませんが、三橋宣男さん(横浜貿易株式会社)の

>中古車輸出業の実務講座 レビュー

こちらをご覧になって頂ければ、その理由も納得して頂けると思います。



いずれの教材も、斎藤祐介さんの

『メルカリスナイパー』

に比べれば、

「他では手に入らない、目から鱗のノウハウ」

であり、はるかに有益な情報を手にすることが出来ます。



あなたが私の様に忙しいサラリーマンであれば、やはり可能な限りリスクを抑えて、効率よく稼いでいった方が良いと思いますよ。



これ、、、紛れもない事実です。



もはや、(電脳)せどりにおいて、

レオ☆さんのノウハウ以上のものはなかなか出てこないのでは?

と思うほど、秀逸です。



普通に考えれば、

「競合相手を増やすことになる様なノウハウ」

を公開するメリットがありませんからね。

「それを逆手にとったレオ☆さんの手法。」

そのあたりの理屈だけでも、一見の価値があります。

是非、無料オファーだけでも読んでみて下さい。

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版



それでは、太田でした。



>太田へのお問合せはコチラから<




2015.12.24|コメント(0)トラックバック(-)Edit

『PERFECT-e』青木たかし氏で稼ぐのはもう無理?



PERFECT-e


151223 51906


こんばんは、太田です。



今日は、

「初心者が最も成果を出しやすいパーフェクトビジネスモデル」

という謳い文句で、青木たかしさんが販売している情報商材

『PERFECT-e』

を取り上げたいと思います。



尚、コチラの輸出ビジネス教材ですが、その内容はeBayを利用した「無在庫販売」を主体としたノウハウになっているようです。

ただ、eBayを利用した輸出というビジネスモデルである以上、今更、目から鱗といった目新しいノウハウが到底出てくるとは思えません。

ましてや、「無在庫販売」を最大のウリにしている時点で、

「eBayを使った輸出ビジネスの基本を学びたい人以外、購入不要」

というのが私の結論です。

つまり、購入してまで検証する必要はないと判断した次第です。

一応、その辺りの理由などを含めて私なりの見解を述べておきたいと思います。



ちなみに、販売者の青木たかしさんですが、あの小玉歩さんのNBGCことネットビジネスゴールデンクラブやFMCことFrontline Marketing Club等に関与されているようです。

コチラですね。





また、以前にも小玉歩さんと組んで、同じような輸出ビジネス関係の情報商材を販売されていた経歴がありますから、今回もバックに小玉歩さんが絡んでいるとみて間違いないでしょう。

YouTubeで、あのBUYER'S FUN(バイヤーズファン)の花井志穂さんとも対談されていますしね。





まあ、小玉歩さんといえば、仲間内で似たような情報商材を販売し、お互いに絶賛しあうというマーケティング戦略を取っていますから、今回の青木たかしさんの『PERFECT-e』もその一連の商品なんでしょうけど、それらに共通していることは

「初心者をターゲットにしたコンセプトありき」

という点。

つまり、初心者が食いつきそうな謳い文句をセールスレターに並べて、

「売る為だけに作られた教材」

だということですが、その実力はどうでしょうか?(正直、私は小玉歩さんが絡んでいる時点で、あまり期待しませんが。。。)



それでは早速、いってみましょう。



【特定商取引法に基づく表記】
販売者青木たかし
住所北海道札幌市東区北7条東3丁目15-25-501
電話番号090–8609–4963
※お問い合わせはメールにて承っております。
メールアドレスinfo@@bluetreebullet.jp
アットマーク(@)を1つ削除してください(スパムメール対策のため)
URLhttp://perfecte.blue/ebay/
価格19,800円(税込)


青木たかしさんの『PERFECT-e』 レビュー



結論から言いますと、既出のeBayを使った「無在庫販売」輸出転売ビジネスに関するノウハウを超えるような情報が提供されることはないと思いますので、強いてオススメできません。



具体的に見ていきましょう。



まず、セールスレターに謳われているヘッドコピーは、


資金「0」、仕入れ「0」、在庫「0」英語も商品知識も一切不要!?

歴代の「せどり」「転売ビジネス」「輸入ビジネス」・・・
これらの“時代遅れのビジネス”の全ての欠点を完全克服した

初心者が最も成果を出しやすい
パーフェクトビジネスモデル
PERFECT-e


「eBay輸出ビジネス」で1日30分を使い
月収20万円,50万円,100万円・・・
と積み立て式の給料のように安定的に稼ぎたくありませんか?

3ヶ月以内に月収20万円を実践者の80%が達成!
~お金と自由を同時に手に入れた秘密~
これからその全てを余すことなく詳細にお伝えしますので今すぐご覧ください。

です。



まず、この青木たかしさんの『PERFECT-e』ですが、冒頭でも述べた通り、

「eBayの無在庫販売を利用した輸出転売」

をウリにした教材となっています。



よって、当然ながらそのセールスレターで強調されているのは、「無在庫販売」のメリットです。

まあ、それをウリにしているんですから、「無在庫販売」のメリットを強調していくのは、当然といえば当然です。



その為、転売ビジネス、特に「無在庫販売」に関する知識に乏しい人や、他のネットビジネスで失敗した人達が、このセールスレターを読むと

「リスクなく取り組めるビジネス」

という事で、そのメリットをそのまま真に受ける傾向にあると思います。



ただ、そこに落とし穴があることは、これまでにこのブログでも、再三にわたって注意喚起してきた通りです。

つまり、

「無在庫販売にもリスクはある」

という事です。



ところが、eBayに限らずBUYMA(バイマ)などこの手の「無在庫販売」を謳った教材は、そのリスクにほぼ触れないわけです。

その理由は簡単です。

「無在庫販売のリスクやデメリットを包み隠さず書くと教材が売れなくなるから。」

それ以上でもなければ、それ以下でもありません。



そういう売り方をしている時点で、個人的には

「それってどうなの?」

と思うわけですが、この手の「無在庫販売」をウリにした情報商材は得てしてそういったリスクやデメリットをセールスレターでひた隠しにするんですね。



そして、それはこの青木たかしさんの『PERFECT-e』も同様なわけです。

この時点で、私的には、eBayの「無在庫販売」を全面に押し出した既出の教材と大差ないと判断しました。



何故なら、もし本当にその先のある有益な教材であれば、セールスレターで「無在庫販売」のリスクを明かした上で、それを回避していく理屈なり方法をアピールするはずだからです。

逆にそれが「ない」という事は、「無在庫販売」という以外、取り立ててアピールするようなポイントがないと思って下さい。

つまり、青木たかしさんの『PERFECT-e』の中身は、eBayを使った「無在庫販売」のやり方や、輸出転売ビジネスの心構えや基本的な考え方に終始していると考えた方が良いです。



何しろ「無在庫販売」に限らず、せどり転売、輸出入転売といった物販系ビジネスは、競合を避けてこそ稼げるビジネスモデルだからです。

そして、販売する先がeBayにしろAmazonにしろある程度限られるわけですから、物販系ビジネスで一番の肝(キモ)は、

「どこからどういった商品を仕入れてくるか。」

だと言っても過言ではありませんし、実際、物販系ビジネス成功の鍵は、8~9割、仕入れにかかっていると言って良いと思います。



では、その

「具体的な商品名、その仕入先や仕入れ方法」

が、この青木たかしさんの『PERFECT-e』で明かされているかと言えば、そんなことはありません。

まあ、その辺の話は、コチラの記事に詳しくまとめてありますので、ご一読下さい。

>「物販系」情報商材やツールの「無在庫販売」はアテになるのか?



私も、これまでに色々な物販系ビジネスの商材を見てきましたが、本当に価値のある情報というのは、デメリットやそういった情報を明かした上でも、その価値が揺るがないものなんです。

にも関わらず、こうしてデメリットを隠して売ろうとしている時点で、間違いなく

「無在庫販売に関するリスクを回避できないノウハウ」

要するに、普通にネットで出回っているような情報をただまとめただけだと思った方が良いです。

まあ、これまでの傾向からして、これはほぼ間違いありません。



むしろ、本当に価値あるノウハウというものは、そういったデメリットやリスクを根本的に解決する、あるいは、限りなく低く抑える方法や理屈といった部分が、普通にセールスレターで明かされているものなんですね。

何しろ、「無在庫販売」というメリット自体、別にこの教材を購入した人だけが受けられる恩恵ではなく、eBayを利用する人全員が平等に享受できるものなわけです。

つまり、特別にアピールできるポイントでも何でもないんですよ。

それをあえて、デメリットを隠した上で、そこばかりを強調しているということは?

それ以上、強いてウリにするようなポイントはない普通のノウハウと判断するのが賢明じゃないでしょうか。

少なくとも、私はそう判断します。



逆に、その先に目から鱗的なノウハウなり情報があるんなら、もっとセールスレターでアピールするはずです。

物販系ビジネスで例を挙げるとすれば、「競合」というデメリットやリスクを根本的に回避する方法や理屈ですね。

そういった点こそ、本来、ウリにすべきであり、セールスレターで謳い文句にしていくべきだと思いませんか?

にも関わらず、青木たかしさんの『PERFECT-e』では、誰でも享受できるメリットである「無在庫販売」くらいしかアピールできないわけです。

裏を返せば、それしかアピールするものがない、それ止まりのノウハウだということ。



ここで、間違っても、教材の中で何か凄いノウハウが明かされているんじゃないかといった要らぬ妄想はしないでくださいね。

そんなことは、これまでの経験上、まずあり得ませんので。

もし、そんな目から鱗なノウハウがあるにも関わらず、セールスレターであえてアピールしない人なんていませんからね。



「無在庫販売」のデメリット



いずれにしても、青木たかしさんの『PERFECT-e』のセールスレターでは、無在庫販売に関するデメリットが書かれていません。

まあ、個人的にはeBayの無在庫販売を使った輸出転売ビジネスを強いてオススメはしませんが、どうしても「やってみたい!」という人もいるかも知れませんので、私の方からそのデメリットなりリスクについてお伝えしておきますので、最低限それは認識しておいてください。

実際、「金銭的リスクがない」というメリットばかりが先行している「無在庫販売」にもデメリットやリスクは、ありますので。



まあ、私から言わせれば、eBay等の無在庫販売可能なサイトを利用した「無在庫販売」は、ただ単純にそのリスクを先送りにしているだけで、根本的な解決にはなっていないということです。

結局のところ、「無在庫販売」の「金銭的なリスクが無く参入しやすい」というメリットは、

必ずしも「稼ぎやすさ」に直結するわけではないのです。

何しろ、参入障壁が限りなく低いということは誰でもはじめられてしまいますし、金銭的なリスクがない以上、誰でも好きなだけ出品出来てしまうわけですからね。

要するに「恐ろしいまでの競合を生む」と考えてください。



それでは、具体的にそのリスクを確認していきましょう。



まず、「無在庫販売」は、商品が売れてからそれを仕入れて発送していく流れになります。

よって、先だって商品を仕入れる必要がないわけですから、

「金銭的リスク0(ゼロ)で出品できる。」

これは、間違いありません。



では、そこにどんなリスクがあるのかと言えば、私が考える無在庫販売のリスクは以下の2点に集約されます。


・商品が手元にないリスク。
・使った時間や労力が全て無駄になるリスク。


もう少し具体的にいうと、

まず、「無在庫」ということは当然ながら「商品が手元にない。」ということになります。

これは、一見、メリットばかりのように感じられますが、実際には


・売れた商品が在庫切れで仕入れられない。
・売れた商品が利益を見込める価格で仕入れられない。
・売れた商品の状態が分からない。


といったリスクがあります。

つまり、それらのリスクはそのまま

「自分で実物商品の在庫管理、商品管理が出来ない。」

というデメリットになろうかと思います。



何しろ、手元に商品がない以上、

「仕入先が在庫切れ。」
「廃盤になっていた。」


といった理由で、売れたは良いものの肝心の商品を仕入れられないという可能性も当然、0(ゼロ)ではありませんし、

「在庫はあったものの値上げで、利益が出ない所かマイナス(赤字)」

という事も十分に考えられます。



何しろ、この手のeBay転売で主な仕入先として利用していくAmazon自体、今やせどり転売ヤーさん御用達サイトになっていますからね。

その為、特に利益を見込めるような商品は、せどり転売ヤーさん達がよってたかって仕入れてしまいますから、あっという間に在庫が一掃されてしまうこともあります。

それこそ、本当に利益が見込めると踏めば、「無在庫販売」ではなく、先に仕入れを行う普通のせどり転売ヤーさんもいますので。

更に言えば、そうやって品切れするような人気商品は値段が吊り上がったりしますから、いざ仕入れようと思ったら利益が出ない所か、売れば売るほどマイナス(赤字)なんてことも。



勿論、「無在庫販売」として出品する前に、確実に仕入れられるか、利益は見込めるかというリサーチは当然行いますが、今やAmazonには膨大な数のお客さんや同じ「無在庫販売」や普通の転売を行うライバルがいる、つまり仕入れにも恐ろしいまでの「競合」が発生するんですね。

その為、「無在庫販売」の場合、とにかく膨大な数の商品をリサーチ、出品して、それらを逐次事細かくチェックし、仕入先が「売り切れ」ていたら自分のショップも「在庫切れ」に変更したり、「値上げ」してたら「価格改定」を行う必要があるわけです。

ただ、その作業もツール等で多少は楽になるのかも知れませんが、とにかく時間と労力が掛かるわけです。

しかし、その労力の割に利益は大したことがないというのが輸出転売ビジネスの実情なんです。

よって、掛けた時間や労力が、ほぼそのまま無駄になるという「別のリスク」もあるということは、認識しておいてくださいね。

何十時間も掛けて、利益が1万円、2万円じゃ話になりませんので。

そういった時間や労力が無駄になるというのも、十分なリスクだと私は思います。



また、商品が手元にないため、その「状態(コンディション)」が分からないというのもリスクだと言えます。

つまり、当初の目論見通り利益を出せる価格で商品を仕入れられたとしても、その「状態(コンディション)」が著しく悪かったというケースも0(ゼロ)では、ありません。

あなたご自身も、Amazon等から購入した商品の「箱が潰れてた」とか「汚れてた」といった経験が1度や2度ないでしょうか?

それこそ、利益を見込めるという理由で扱う商品は、得てして「訳あり」的なものだったりしますからね。

いざ、仕入れてみたら思った以上に状態が悪かったという事も十分に考えられるわけです。

まあ、海外のお客さんは、日本人に比べてその辺りに関してはおおらかですから、多少のことであれば問題にならないでしょうが、あまり度が過ぎれば、返品やクレームの対象にもなりかねませんし、引いては「悪い評価」を付けられてしまう要因にもなります。



以上、「無在庫販売」で手元に商品がないと言うことは、


・売れた商品が在庫切れで仕入れられない。
・売れた商品が利益を見込める価格で仕入れられない。
・売れた商品の状態が分からない。


というリスクがあることは、ご理解頂けたかと思います。

そして、それはそのまま、

「お客さんから悪評を付けられるというリスク」

にも直結してきます。

何しろ「在庫切れ」であれば取引をキャンセルしなければなりませんし、商品の状態が著しく悪ければクレームになりますから、度が過ぎればeBay自体からも悪い評価をつけられかねません。

また、悪評を避けるために、無理して仕入れを行わなければならないケースも出てきますから、

「利益がでない」
「赤字」


という可能性もあると思って下さい。



で、今後もAmazonを利用する転売ヤーが増え続けるであろう事を考えると、そのリスクはますます大きくなっていくのではないでしょうか。



青木たかしさんは「無在庫販売」で稼げなくなった?



ここからは、私の推測ですが、この『PERFECT-e』を販売している青木たかしさんご自身、「無在庫販売」の輸出ビジネスで稼げなくなったんじゃないでしょうか?

だからこそ、こうしてそのノウハウを情報商材という形にして「無在庫販売」をウリにして販売しているんだと思います。



それこそ、最近、こう言った輸出入転売系の情報商材はコンスタントにインフォトップの売上ランキング上位に顔を出していることからも、輸出転売というビジネスモデル自体が、稼げなくなった、稼ぎにくくなったとみて間違いありません。

だからこそ、こうして最後にノウハウという名目で売り捌いているわけですね。

何しろ、基本的に競合を避けてこそ稼げるのが物販系ビジネスなわけですし、ましてや誰でもなんの覚悟もなく参入できてしまう「無在庫販売」の実践者を増やすことは、「稼ぎにくい状況」を自ら創り出しているのと何ら変わらない、まさに自分の首を絞めるような行為。

つまり、そのノウハウを公開するとすれば。。。



で、そうやって情報販売にシフトしている輸出転売ヤーが実際に増えてきていることからも、このビジネスモデル自体が稼ぎにくくなっていて、それが今後、更に加速していくことは、想像に難くありません。

もし、本当に輸出転売だけで潤っているなら、あえてそのノウハウを公開する必要がありませんので。

結局は、情報として販売した方が楽に稼げると判断したに過ぎないと思って下さい。



以上の「リスク」「デメリット」並びに「輸出転売ビジネスの動向」をトータル的に考えて、あえて「無在庫販売」に今更取り組むメリットがあるとは、到底、思えません。

むしろ、普通に在庫を抱えて、それを販売していく「せどり・転売」の方が、手堅く稼げるはずですよ。



「無在庫販売」で稼ぐなら



まあ、本当にリスクなしで「無在庫販売」というのであれば、eBayやBUYMA(バイマ)等のサイトが絡んでくると難しいと思います。

先にも述べた通り、いざ商品が売れたあとに「仕入れられなかった」場合等、評価を下げられてしまうというリスクがあるからです。

また、扱っていく商品についても、Amazon等で売られているような、誰でも簡単に仕入れられてしまうものの場合、在庫切れや価格の変動を事細かくチェックしなければなりませんし、何より薄利多売になる傾向が強いため、時間や労力ばかりを無駄にしかねません。



つまり、「本当の意味でノーリスクな無在庫販売」できる輸出転売ビジネスの条件としては、上記の逆、


・海外バイヤーと販売条件を直接交渉できる。売買出来る。(サイトの干渉を受けない販売ルートの確保。)

・多くの人が扱っていない商品を売買する。(誰もが気軽に参入できない仕入れルートの確保。)


という事になろうかと思います。



でも、普通に考えればそんな特別な「販売ルート」や「仕入ルート」を確保するのは不可能だと思われますよね?

しかし、それらを綺麗に解決してくれるソリューションをそのまま提供してもらえるのがコチラ。

>中古車輸出業の実務講座 レビュー

そのタイトルの通り、中古車を転売していくわけですが、「中古車の輸出がノーリスク?」といった疑問については、上の記事内と私の無料講座で詳しく解説していますので、興味があれば、ご覧になってみてください。



物販で稼ぐなら



初心者の方が、手軽にはじめられるネットビジネスとして「せどり・転売」等の物販ビジネスは、オススメです。

その理由としては、

「安く仕入れて、高く売る。」

これ以上でもなければ、これ以下でもない。それ程、やることがシンプルだからです。



そして、

・ヤフオク
・Amazon


等を使うので、基本的には、自分で集客する必要が無いというところもポイントです。

集客が出来なくて、ネットビジネスを断念する人も多いですからね。



しかし、問題点もあります。それは、

・仕入れを行うのに自己資金が必要
・逆ざやになる可能性がある
・競合で仕入れられない・転売出来ない可能性がある


ということです。



まず、「仕入れを行うのに自己資金が必要」この点については、手持ちの中から無理の無い範囲で始める。

これしか無いと思いますので、ノウハウ云々の話ではないですね。ちなみに、借金をしてまで始めるのはNGです。



次に、仕入れた価格より安い金額でしか売れず「逆ざやになる可能性がある」及び、利益を見込める商品が「競合で仕入れられない・転売出来ない可能性がある」という問題点ですが、

その裏を返せば、せどり・転売で稼ぐ肝(キモ)は、

「利益の見込める商品を、競合を避けて、いかに多く仕入れ転売出来るか。」

それだけだとも言えます。

よって、この点に関して明確な答え(オリジナリティ)をだしているもので無ければ、情報商材としての価値は「?」です。



その点を、満たしてくれる教材として、ネット完結型であれば、せどりエイターれお☆さんの

>次世代せどり・転売メソッド「せどりインサイダー」 レビュー(準備中)

断然、コチラをオススメします。

しかも、ノウハウだけであればなんと、無料で公開されています。



また、ネットからの仕入れに不安があり、どうしてもリアルな仕入れにこだわるのでしたら、店舗ではなく地域性もありますが、川島和彦さんの

>●●●●転売ビジネス公開マニュアル レビュー(準備中)

ですね。

シンプル イズ ベストな転売ノウハウです。



あるいは1点あたりで、大きな利益を上げていきたいというのであれば、いっそのこと1回の取引で数万・数十万の儲けが得られる「中古車」転売をオススメします。

「中古車」ビジネスと聞くとハイリスク・ハイリターンというイメージがありますが、実際には資金「0」円からでも始められるローリスクな穴場ジャンルなのです。



嘘だと思われるかも知れませんが、三橋宣男さん(横浜貿易株式会社)の

>中古車輸出業の実務講座 レビュー

こちらをご覧になって頂ければ、その理由も納得して頂けると思います。



いずれの教材も、青木たかしさんの

『PERFECT-e』

に比べれば、

「他では手に入らない、目から鱗のノウハウ」

であり、はるかに有益な情報を手にすることが出来ます。



あなたが私の様に忙しいサラリーマンであれば、やはり可能な限りリスクを抑えて、効率よく稼いでいった方が良いと思いますよ。



これ、、、紛れもない事実です。



もはや、(電脳)せどりにおいて、

レオ☆さんのノウハウ以上のものはなかなか出てこないのでは?

と思うほど、秀逸です。



普通に考えれば、

「競合相手を増やすことになる様なノウハウ」

を公開するメリットがありませんからね。

「それを逆手にとったレオ☆さんの手法。」

そのあたりの理屈だけでも、一見の価値があります。

是非、無料オファーだけでも読んでみて下さい。

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」無料版



それでは、太田でした。



>太田へのお問合せはコチラから<




2015.12.22|コメント(0)トラックバック(-)Edit

『ゼロワン』片桐健さん(クリアイズム有限会社)はダメなのか?



ゼロワン


151216 210429


こんばんは、太田です。



今日は、

「1日7分ゲーム感覚」

という謳い文句で、片桐健さん(クリアイズム有限会社)が販売しているアフィリエイトツール?

『ゼロワン』

を取り上げたいと思います。



尚、この教材ですが今日現在インフォトップの売上ランキングの20位程度に位置しているようです。

私的には、セールスレターを見た時点で

「ダメだなこれ。」

と判断するようなツールなわけですが、注意喚起の意味も含めて私なりの見解を述べておきたいと思います。



それでは早速、いってみましょう。



【特定商取引法に基づく表記】
販売者 片桐健
(クリアイズム有限会社)
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-16-13末廣ビル304
電話番号 03-3369-5872
※お問い合わせはメールにて承っております。
メールアドレス info@seoken.net
URL http://clearism.jp/infotop/zeroone/index.html
価格 34,800円(税込)


片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』 レビュー



結論から言いますと、

①具体的にどういう理屈なり方法で稼ぐかが明かされていない。
②販売者が過去にも怪しげな情報商材を多数販売している。
③販売者にツールを販売するメリットがない。

その為、オススメできません。



具体的に見ていきましょう。



まず、セールスレターに謳われているヘッドコピーは、


ゲーム感覚で稼ぎの柱を作る!

アフィリエイト報酬ゲット資産構築アクセス激増ニッチアフィリエイト

ゼロワン 01 ZERO ONE

1日7分ゲーム感覚で、パソコンの前に座ってください。

そうすれば収益を作れ、28日後には
「もう一つの収入の柱」を作る可能性が生まれ、
給料日前でも財布の中身を気にせず、好きな事ができるようになります。

です。



「ニワトリが先か卵が先か」



まず、この片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』ですが、

1日7分、パソコンの前に座ってキーワードを入力するだけで、アフィリエイトで収入を得る事が出来るツール

なんだそうです(苦笑)。



個人的には、こう言ったコピーが出てきた時点で「使えないな。」と判断するわけですが、未だにこの手のツールを買ってしまう人が後を絶たないのが現実なんですね。

つまり、1日7分、パソコンの前に座ってキーワードを入力するだけで稼げると本気で思っている人が、少なからず存在しているわけです。

何せ、20位とはいえインフォトップの売上ランキングに顔を出しているわけですから、多少なりとも売れているというのは事実ですので。



まあ、私からすれば、こういった謳い文句で売られているツールの

「どこに可能性を感じてしまうのか?」

不思議でならないわけですが、それでも現実にこの手のコピーを真に受けてしまう人がまだまだいるんですね。



そして、そういった人が一定数以上存在し続ける限り、こういった謳い文句で売られる片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』のようなツールも販売され続けるんだと思います。

「ニワトリが先か卵が先か」

まさに、こういうツールを「買ってくれる人」がいるから「売る人がいる」のです。



何しろ、そういう詐欺的なツールや情報商材を販売している人に「販売するな!」と言ったところで、やめるはずもありませんから、この手のツールを一掃するには消費者側が買わないようになるのが一番です。

要するに、

買う人がいなくなれば、売る人もいなくなる。

つまり、

需要が無くなれば、供給する人もいなくなる。

という理屈ですね。



とは言え、残念ながら未だに「無知」な消費者がいるからこそ、こうして定期的にこの手のツールがインフォトップの売上ランキングに顔を出すわけですが(苦笑)。

まあ、ネットビジネスに関して右も左もわからない様な初心者層の人が騙されるのであれば、まだ分かります。

で、普通であれば片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』のようなツールを買って1回痛い目にあったら、そこで

「ああ、この手の謳い文句のツールは買っちゃダメなんだな。」

と学習し、それ以降は手を出さなくなるわけです。



ところが、それで懲りないような「残念な人達」が一定数いるようなんです。

そして、そういう方々に共通して言えることが、

「根本的に世の中を甘く見ている。」

ということです。



そういう基本的に考えの甘い人達が、また片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』のようなツールを買ってしまい

「また騙された。。。」
「次こそは。。。」
「また使えなかった。。。」

と、まさにその繰り返しで「ドツボ」にハマっていくわけです。



まあ、そういう「お得意様」がいるからこそ、くだらない情報しか配信できないインフォプレナーさんでも潤っているとも言えますが(苦笑)。

むしろ、そんなしょうもないインフォプレナーさんが大半を占めているのが、この業界の実態だと思って下さい。



片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』の中身について



そもそも、このツールは「ゲーム感覚で稼ぎの柱を作る」という謳い文句だけで、

「どういう稼ぎの柱をどう作るのか。」

といった肝心なことは、セールスレターでほとんど明かされていません。



裏を返せば、この片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』を購入した人は、

「どういう理屈で稼げるのかすら分からない代物。」

に、3万円という決して安くない代金を支払ったという事になろうかと思います。



つまり、ブラックボックスになっている

「具体的にどういうロジックで稼げるのか」

という部分を、ポジティブに捉えて

「何か良くわからないけど凄いツールを提供してもらえる。」

と勝手に解釈したわけですね。

つまり、「稼げる」と判断したからこそ代金を支払ったはずなんです。



まあ、私なら、逆に

「具体的に書くと売れなくなるようなくだらないツール」

と判断しますけどね。



ただ、どうしてもこういった具体的に明かされていない部分に要らぬ妄想を膨らませてしまう人が少なからずいるわけです。

しかし実際には、この片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』のようなツールにかぎらず情報商材のセールスレターや無料オプトインオファーで、具体性がないものほど「使えないツールやノウハウ」だと思って下さい。

それこそ、ほぼ100%アテにならないと思って頂いて差し支えないです。



つまり、この片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』も、その詳細を意図的に書いていないのは、

「何か凄い仕組みやノウハウがある」

のではなく、

「具体的に書いてしまうと売れなくなるような低俗な内容」

だと本来判断すべきなんですね。



要するに、その内容を具体的に書けば書くほど話が矛盾していたり、破綻してしまっていて「稼げないという事がバレてしまう」わけです。

だからこそ、そういった販売者にとって都合の悪い部分をブラックボックスにしたセールスレターで、ツールを販売しているに過ぎないんですよ。

その上で、

「とにかく稼げそうな雰囲気さえ演出してやれば、勝手に売れていく。」

わけですから、販売者からすればこんばボロい商売はないと言って良いでしょう。



何せ、大して役にも立たないようなツールを適当に作って、それらしい謳い文句でさも簡単に稼げますよという事をセールスレターで強調して販売すれば、

「都合の悪い部分は書かなくても、消費者側が勝手に都合良く解釈してくれる。」

わけですからね。

こんな、「おいしい商売」は聞いたこともありません。

まさに、『ゼロワン』を買ってしまったような人達は、販売者である片桐健さん(クリアイズム有限会社)の思うツボにまんまとハマってしまったという事です。

それこそ、片桐健さん(クリアイズム有限会社)はこれまでも、そういった「消費者の勝手な妄想」を都合良く利用したセールスレターで、「根本的に考え方の甘い人達」をターゲットにくだらない情報やツールを販売してきた前歴がありますので。



結局、こういう不透明なセールスレターで売られているツールや情報に手を出してしまうような人は、その「良くわからない部分」に勝手な妄想を膨らませてしまうという性格を、低俗なインフォプレナーさん達にいいように利用されてしまっているだけなんです。

そして、それが騙される「全ての元凶」だということに、一刻も早く気付いて下さい。

まさに、片桐健さん(クリアイズム有限会社)の様なインフォプレナーさんからすれば、そういう人達は良い「カモ」、「上顧客」なわけです。

何しろ、得体の知れないものにホイホイと3万円もの大金を支払ってくれるわけですからね。’

普通の商売をしている人からすれば考えられませんが、それが情報商材業界の現実なんです。



逆に、こういったツールを今までに何度か購入し騙されたという人、購入までは至らずとも要らぬ妄想を膨らませた人、思い当たる節があるなら、そういった考え方を根本的に改めて知識を付け、この業界の現実を知らなければ、いつまで経っても「搾取される側」のままですよ。



具体性のない情報やツール=何か凄いもの

ではなく、すべからく

具体性のない情報やツール=詐欺的で低俗なもの



その詳細を書かないのは「明かせば売れなくなるから」であり「アピール出来る様なものもない。」と判断すべきなんです。

だからこそ、片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』のような、具体的にどういったロジックで稼げるのかと言った部分が「ブラックボックス」になったセールスレターにならざるを得ないわけです。



片桐健さん(クリアイズム有限会社)が『ゼロワン』を販売するメリットがあるのか?



実際、このセールスレターで明かされている稼ぐ為のステップなんてせいぜい、


・1日7分、ゲーム感覚でゼロワンを起動しキーワードを入力
・あっという間に記事が自動でアップ
・その記事にアフィリエイト広告を貼りつける


この程度です。

私からすれば、これをどう都合良く解釈すれば「稼げそう!」となるのかすら理解に苦しみますが、片桐健さん(クリアイズム有限会社)は、それだけで「稼げる!」と豪語されているわけです。



そもそも、本当にたったそれだけの作業でバンバン稼げる様なツールを販売する必要がありますか?

それこそ、ツールとして販売すればインフォトップやアフィリエイターさん達に少なからず報酬を払わないといけませんし、サポートもしなければなりません。

そんな手間を掛けて、小銭を稼ぐ位なら自分ひとりでツールをガンガン使って人知れず稼げば良いと思いませんか?

少なくとも、私ならそんなおいしいツールを開発したら、身内だけでコッソリと稼ぎ続けますけどね。



何しろ、この片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』は、国内大手SNSサイト(ミクシィ?)に自動で記事をアップするツールなわけですから、不特定多数の人にそんなおいしいツールを公開するメリットがありません。

得てして、そういうツールは他のユーザーからみればスパムまがいの行為を行うわけですから、使うユーザーが増えれば増えるほど「運営者サイドから規制されかねない」わけです。

だからこそ、本当に稼げるツールであればコッソリと自分ひとりか身内で使い続けるはずなんです。



まあ、そもそもSNSに自動作成された記事を投稿するだけでバンバン稼げるほど、アフィリエイトは甘い世界ではないことは言うまでもありません。



もし、本当に片桐健さん(クリアイズム有限会社)が主張するように

「SNSに自動投稿した記事に広告を貼るだけで稼げる。」

と、本気で思っている人がいるのであれば、ハッキリ言って現実をみないでありもしない幻想を追いかけているとしか言いようがありません。

少なくとも、まともなアフィリエイターさんのブログを2、3見て回れば、それ位の知識は付けられるはずです。

もし、あなたがこの片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』に魅力を感じてしまうようであれば、まずは、そこからはじめることをオススメします。

別に今すぐ買わなければなくなるものでもありませんし、万が一、この『ゼロワン』が販売終了になっても、この手のツールは良くも悪くも定期的に発売されますからね。

なので、まずは最低限のアフィリエイトに関する知識、情報商材の現実を知ってからでも、この手のツールに手を出すのは遅くないはずです。



まあ、あなたが最低限の知識を身に付けたら、この手のツールを二度と買おうとは決して思わなくなるとは思いますが。

そもそも、「自動で作成された記事」でバンバンお金を稼げるはずなどありませんので。

もし、本当にそんなツールを使ってアフィリエイトで稼げるのであれば、誰も苦労しないわけですし、仮にそんな夢のようなツールを開発したなら、間違いなく人知れず稼ぎ続けるはずですよ。

先にも述べた通り、間違っても3万円といった価格設定で不特定多数の人に販売する道理がありませんから。



ただでさえ、ツールというものは誰が使っても同じような動作を繰り返すわけですから、普通に考えて使う人が増えれば増えるほど、

「似たような記事がそのSNS(ミクシィ?)に溢れることになる。」

わけですよね。

要するに「競合」が発生して、稼げなくなっていくのは目に見えていますし、前述した通りSNSの運営者サイドから目を付けられた時点で、アカウントを停止されて一発アウトです。

もう、どう転んでも、そんなおいしいツールを販売する必然性が片桐健さん(クリアイズム有限会社)にないことは、ご理解頂けたかと思います。

裏を返せば、

片桐健さん(クリアイズム有限会社)の『ゼロワン』は、大したツールじゃないわけです。



もう、これだけセールスレターで主張されている内容が破綻しているわけですから、間違っても要らぬ期待や妄想を膨らませるのはやめてくださいね。

それこそ、販売者の思うツボですから。



まあ、冷静に判断出来る人であれば、今更この様なコピーのセールスレターに引っ掛かることはないかと思いますが、念のため注意喚起として私の見解を含め記事にした次第です。



アフィリエイトで稼ぐなら



あなたが、ネットビジネス初心者で、これから「アフィリエイト」を始めて行くのであれば、宇崎恵吾さんと、その師匠である「億を稼ぎ出すコピーライター」が主催する

>Copyrighting Affiliate Program レビュー(準備中)

断然、コチラをオススメします。



そのカリキュラム内容はもちろんですが、サポート体制も圧倒的に手厚いです。それでいて、価格は月額9,800円。

教材一式だけであれば、一月分の9,800円で手に入れることが出来てしまいます。

後は、サポート・コンサルタントしてもらいたい期間分だけ、この月額9,800円の料金を支払えばOKというプログラムなわけですね。



また、初心者の方が、先だって何かネットビジネスで役立つスキルを身に付けたいと思われるのであれば、兎にも角にも「コピーライティング」をオススメします。

そして、それを本格的に学ぶのであれば、同じく宇崎恵吾さんと、その師匠が放つコチラの教材

>The Million Writing レビュー(準備中)

ですね。



しかも、3,980円という一般のビジネス書籍並みの価格設定で「無条件返金保証」付きです。

要するに、中身を読んで気に食わなかったらメール一通でいつでも代金を返金してもらえるわけです。



まずは、宇崎恵吾さんの無料レポートを是非、読んでみて下さい。これだけでも、今すぐに実践出来るスキルを身に付けることが出来ますよ。

宇崎恵吾のコピーライティングレポート

宇崎恵吾のコピーライティングレポート



いずれにしても、

あなたがネットビジネス初心者であれば、まず身に付けるべきは本質的なスキルです。

よって、片桐健さん(クリアイズム有限会社)の

『ゼロワン』

は、個人的にオススメ出来ません。



これ、、、紛れもない事実です。



それでは、太田でした。



>太田へのお問合せはコチラから<




2015.12.17|コメント(0)トラックバック(-)Edit

タグで記事を探す

購入/入塾/参加/実践/実績/実態 評価/批評/評判/感想/口コミ/内容/人気 評価/批評/評判/感想/口コミ/内容 クレーム/苦情/返金/バックエンド/費用 嘘/詐欺/問題/誇大広告/騙された/被害者/批判 バックエンド/費用 実態 元ライブドア社長 メルマガアフィリエイト 嘘/詐欺/問題/誇大広告/批判/クレーム/苦情/返金 嘘/詐欺/問題/誇大広告/批判/クレーム/苦情 【岡芹史郎】 嘘/詐欺/問題/誇大広告/批判 【安川等】クレーム返金 【神リッチプロジェクト】詐欺 【株式会社カーロット】批判 【神リッチプロジェクト】クレーム返金 嘘/詐欺/問題/誇大広告/騙された/被害者/批判/クレー 【神リッチプロジェクト】批判 【松井宏晃】 【株式会社カーロット】詐欺 【株式会社WEB-ARC】クレーム返金 『チームA研究生』 【神王リョウ】詐欺 『後出しジャンケンビジネス』 『OBA』 【神王リョウ】批判 【株式会社カーロット】クレーム返金 【ランボーアフィリエイトカレッジ】詐欺 【市原高一】クレーム返金 【安川等】詐欺 【株式会社WEB-ARC】批判 【ランボーアフィリエイトカレッジ】クレーム返金 【ランボーアフィリエイトカレッジ】批判 【安川等】批判 【市原高一】詐欺 実績 購入/実践/実態 【ブックメーカーアカデミー(BMA)】 【億万長者の極秘情報】 【ジャックポットミッション】 【ホリエモンチャンネル】実践 【ホリエモンチャンネル】無駄 【ホリエモン】実践 【ホリエモン】無駄 【堀江貴文】無駄 【堀江貴文】実践 【合同会社MST】 【北川亜美】 【神王リョウ】クレーム返金 【アカデミアジャパン株式会社】クレーム返金 【市原高一】批判 【市原塾SEO&affiliateSchool】詐欺 【市原塾SEO&affiliateSchool】批判 【アカデミアジャパン株式会社】批判 【浅井輝智朗】 【宮崎正】 【アカデミアジャパン株式会社】詐欺 【株式会社カーロット】 嘘/詐欺/問題/誇大広告/被害者/批判 【市原塾SEO&affiliateSchool】クレーム返金 【株式会社WEB-ARC】詐欺 PPC インフォトップ 【小玉歩】 【片桐健】 [クリアイズム有限会社] 【井上泰輔・SENSEPLATFORM】嘘・詐欺 【サムライマーケティング株式会社】詐欺 【井口晃】批判 【サムライマーケティング株式会社】批判 自己啓発 【サトリ・金山慶允】詐欺 株式投資 【サトリ・金山慶允】批判 【サムライマーケティング株式会社】クレーム返金 【サトリ・金山慶允】クレーム返金 【蝶乃舞・2015年法律大改正!】批判 【蝶乃舞・2015年法律大改正!】嘘・詐欺 【進化型自由人リバタリストへの道】詐欺 【北岡大樹・PPCレボ】誇大広告 【オンラインスクール型コミュニティ】クレーム返金 【進化型自由人リバタリストへの道】クレーム返金 【オンラインスクール型コミュニティ】批判 【RoadtoLibertarist】詐欺 【北岡大樹・PPCレボ】批判 【進化型自由人リバタリストへの道】批判 【北岡大樹・PPCレボ】クレーム 【北岡大樹・PPCレボ】返金 【株式会社リバタイズ】批判 【蝶乃舞・不労収入秘密のカラクリ】返金 【イチロー選手】パフォーマンス 大リーガー 【イチロー選手】ストレスフリー 【イチロー選手】ストレスコントロール 【イチロー選手】カレー 【イチロー選手】日米通算4,000本安打 【蝶乃舞・不労収入秘密のカラクリ】クレーム 【蝶乃舞・不労収入秘密のカラクリ】批判 【株式会社リバタイズ】詐欺 【RoadtoLibertarist】批判 【株式会社リバタイズ】クレーム返金 【蝶乃舞・2015年法律大改正!】クレーム 【蝶乃舞・2015年法律大改正!】返金 【蝶乃舞・不労収入秘密のカラクリ】嘘・詐欺 【蝶乃舞・2015年法律大改正!】誇大広告 【オンラインスクール型コミュニティ】詐欺 スピリチュアル 【片桐政嗣・完全放置「零式」】誇大広告 【お金の講座株式会社「零式」】嘘・詐欺 【お金の講座株式会社「零式」】批判 【片桐政嗣・完全放置「零式」】返金 【片桐政嗣・完全放置「零式」】クレーム 【真似る】心理的影響 【片桐政嗣・完全放置「零式」】嘘・詐欺 【片桐政嗣・完全放置「零式」】批判 【お金の講座株式会社「零式」】クレーム 【お金の講座株式会社「零式」】返金 【どこでもキーワードゲッター】誇大広告 【どこでもキーワードゲッター】ツール 【戸井邦雄キーワードゲッター】嘘・詐欺 【どこでもキーワードゲッター】クレーム返金 【どこでもキーワードゲッター】批判 【お金の講座株式会社】誇大広告 【蝶乃舞・不労収入秘密のカラクリ】誇大広告 【どこでもキーワードゲッター】嘘・詐欺 【真似る】モチベーションアップ 【戸井邦雄キーワードゲッター】批判 【真似る】有効性 【北岡大樹・PPCレボ】嘘・詐欺 【PPCレボリューション】誇大広告 【形から入る】心理的影響 【形から入る】モチベーションアップ 【形から入る】有効性 【形から入る】ネットビジネス 【形から入る】守・破・離 【真似る】ネットビジネス 【PPCレボリューション】返金 【戸井邦雄キーワードゲッター】ツール 【戸井邦雄キーワードゲッター】誇大広告 【戸井邦雄キーワードゲッター】クレーム返金 【真似る】守・破・離 【PPCレボリューション】嘘・詐欺 【PPCレボリューション】クレーム 【PPCレボリューション】批判 【RoadtoLibertarist】クレーム返金 【マネーチューブ】クレーム 【RTBアカデミ5期生】誇大広告 【KEN・RTBアカデミ5期生】嘘・詐欺 【RTBアカデミ5期生】返金 【RTBアカデミ5期生】クレーム 【RTBアカデミ5期生】批判 【KEN・RTBアカデミ5期生】批判 【KEN・RTBアカデミ5期生】クレーム 【資産構築型ミリオンシステム】批判 【資産構築型ミリオンシステム】クレーム 【資産構築型ミリオンシステム】嘘・詐欺 【KEN・RTBアカデミ5期生】誇大広告 【KEN・RTBアカデミ5期生】返金 【RTBアカデミ5期生】嘘・詐欺 【井口晃・リッツコンサルティング】誇大広告 【加藤明・LINE@ビジネス塾】誇大広告 【井口晃】嘘・詐欺 【加藤明・LINE@ビジネス塾】返金 【加藤明・LINE@ビジネス塾】クレーム 【加藤明・LINE@ビジネス塾】批判 【井口晃】クレーム 【井口晃】返金 【井口晃・リッツコンサルティング】クレーム 【井口晃・リッツコンサルティング】返金 【井口晃・リッツコンサルティング】批判 【井口晃・リッツコンサルティング】嘘・詐欺 【井口晃】誇大広告 【資産構築型ミリオンシステム】返金 【資産構築型ミリオンシステム】誇大広告 【ランドオブハンモックYouTuber】返金 【ランドオブハンモックYouTuber】誇大広告 【ランドオブハンモックYouTuber】クレーム 【ランドオブハンモックYouTuber】批判 【ランドオブハンモックYouTuber】嘘・詐欺 【白石達也・ランドオブハンモック】批判 【白石達也・ランドオブハンモック】クレーム 【転売TRADER】批判 【転売TRADER】クレーム 【転売TRADER】嘘・詐欺 【白石達也・ランドオブハンモック】誇大広告 【白石達也・ランドオブハンモック】返金 【井上泰輔・SENSEPLATFORM】誇大広告 【井上泰輔・SENSEPLATFORM】返金 【後田圭一・ミリオンシステム】返金 【後田圭一・ミリオンシステム】誇大広告 【後田圭一・ミリオンシステム】クレーム 【後田圭一・ミリオンシステム】批判 【後田圭一・ミリオンシステム】嘘・詐欺 【月収1000万YOUTUBERセミナー】嘘・詐欺 【月収1000万YOUTUBERセミナー】批判 【井上泰輔・SENSEPLATFORM】批判 【井上泰輔・SENSEPLATFORM】クレーム 【月収1000万YOUTUBERセミナー】誇大広告 【月収1000万YOUTUBERセミナー】返金 【月収1000万YOUTUBERセミナー】クレーム 【加藤明・LINE@ビジネス塾】嘘・詐欺 【与沢翼・LINE@ビジネス塾】誇大広告 【知念隆司・マネーチューブ】返金 【知念隆司・マネーチューブ】誇大広告 【知念隆司・マネーチューブ】クレーム 【知念隆司・マネーチューブ】批判 【知念隆司・マネーチューブ】嘘・詐欺 【富山純一・富山塾】嘘・詐欺 【富山純一・富山塾】批判 【小野たつなり・富山塾】嘘・詐欺 【小野たつなり・富山塾】批判 【富山純一・富山塾】誇大広告 【富山純一・富山塾】返金 【富山純一・富山塾】クレーム 【マネーチューブ】誇大広告 【マネーチューブ】返金 【LINE@の裏技活用法】誇大広告 【加藤明・LINE@の裏技活用法】嘘・詐欺 【LINE@の裏技活用法】返金 【LINE@の裏技活用法】クレーム 【LINE@の裏技活用法】批判 【加藤明・LINE@の裏技活用法】批判 【加藤明・LINE@の裏技活用法】クレーム 【マネーチューブ】批判 【イチロー選手】ルーチン化 【マネーチューブ】嘘・詐欺 【加藤明・LINE@の裏技活用法】誇大広告 【加藤明・LINE@の裏技活用法】返金 【小野たつなり・富山塾】クレーム 【小野たつなり・富山塾】返金 【岩崎秀秋・アルティメットせどり】嘘・詐欺 【岩崎秀秋・アルティメットせどり】批判 【アルティメットせどり】誇大広告 【アルティメットせどり】返金 【アルティメットせどり】クレーム 【岩崎秀秋・アルティメットせどり】クレーム 【岩崎秀秋・アルティメットせどり】返金 【与沢翼・LINE@ビジネス塾】クレーム 【与沢翼・LINE@ビジネス塾】返金 【与沢翼・LINE@ビジネス塾】批判 【与沢翼・LINE@ビジネス塾】嘘・詐欺 【岩崎秀秋・アルティメットせどり】誇大広告 【アルティメットせどり】批判 【アルティメットせどり】嘘・詐欺 【スピリチュアルコンサルタント】クレーム 【スピリチュアルコンサルタント】返金 【スピリチュアルコンサルタント】批判 【スピリチュアルコンサルタント】嘘・詐欺 【小野たつなり・富山塾】誇大広告 【スピリチュアルコンサルタント】誇大広告 【井口晃・礒一明】嘘・詐欺 【井口晃・礒一明】誇大広告 【井口晃・礒一明】返金 【井口晃・礒一明】クレーム 【井口晃・礒一明】批判 【LINE@の裏技活用法】嘘・詐欺 【オバマ大統領】正しい判断 【桐山鉄也】批判 【桐山鉄也】詐欺 【一般社団法人日本WEB動画協会】クレーム返金 【一般社団法人日本WEB動画協会】批判 【桐山鉄也】クレーム返金 【ViralRevolution(サイバーATM)】詐欺 【tsuQUEST/スークエスト】批判 【tsuQUEST/スークエスト】詐欺 【ViralRevolution(サイバーATM)】クレーム返金 【ViralRevolution(サイバーATM)】批判 【一般社団法人日本WEB動画協会】詐欺 【斉藤和也】クレーム返金 【ネットビジネス大学】クレーム返金 【ネットビジネス大学】批判 【ネットビジネス大学】詐欺 SNS活用型ATMシステム 【株式会社ラストランプ】詐欺 【株式会社ラストランプ】批判 【斉藤和也】批判 【斉藤和也】詐欺 【株式会社ラストランプ】クレーム返金 【tsuQUEST/スークエスト】クレーム返金 【インフォミラクル】詐欺 【シャベリッチメッセンジャービジネス】詐欺 【おしゃべりビジネス】クレーム返金 【おしゃべりビジネス】批判 【おしゃべりビジネス】詐欺 【シャベリッチメッセンジャービジネス】批判 【シャベリッチメッセンジャービジネス】クレーム返金 【スマホでタウンページアフィリエイト】詐欺 【山田野武雄】クレーム返金 【山田野武雄】批判 【山田野武雄】詐欺 【外山治彦・葉山直樹】クレーム返金 【外山治彦・葉山直樹】批判 SNS tsu(スー) 【インフォミラクル】クレーム返金 【インフォミラクル】批判 Facebook 【次世代AGENCYビジネス】詐欺 【外山治彦・葉山直樹】詐欺 【次世代AGENCYビジネス】クレーム返金 【次世代AGENCYビジネス】批判 【高野明】クレーム返金 【高野明】批判 【小泉尚広】批判 【小泉尚広】詐欺 【4次元占拠型アフィリエイト】クレーム返金 【4次元占拠型アフィリエイト】批判 【小泉尚広】クレーム返金 【株式会社ホワイトスペース】詐欺 【株式会社ラブアンドピース】批判 【株式会社ラブアンドピース】詐欺 【株式会社ホワイトスペース】クレーム返金 【株式会社ホワイトスペース】批判 【4次元占拠型アフィリエイト】詐欺 せどり・転売 【後藤浩】詐欺 【Theダイソー寄り道ビジネス】クレーム返金 【Theダイソー寄り道ビジネス】批判 【Theダイソー寄り道ビジネス】詐欺 【後藤浩】批判 【後藤浩】クレーム返金 【株式会社サイバー】クレーム返金 【株式会社サイバー】批判 【株式会社サイバー】詐欺 【株式会社ラブアンドピース】クレーム返金 【ローカルターゲティングPPCアフィリエイト】詐欺 メイン・サイト・リライター“MSR” パーフェクト・サテライト・ライター 【近藤武】クレーム返金 【近藤武】批判 記事自動生成ツール リライトツール 【高野明】詐欺 【アメブロATMシステム】クレーム返金 【アメブロATMシステム】批判 【アメブロATMシステム】詐欺 【近藤武】詐欺 【ゴーストリライター3】クレーム返金 【橋北友樹】クレーム返金 【橋北友樹】批判 【橋北友樹】詐欺 【ローカルターゲティングPPCアフィリエイト】批判 ローカル キーワード 【ゴーストリライター3】批判 【ゴーストリライター3】詐欺 【ローカルターゲティングPPCアフィリエイト】返金 【スマホでタウンページアフィリエイト】批判 【スマホでタウンページアフィリエイト】クレーム返金 【中村式!リスタートアフィリエイト】クレーム返金 【中村式!リスタートアフィリエイト】批判 【中村式!リスタートアフィリエイト】詐欺 第44代アメリカ合衆国大統領 【中村貞文】詐欺 【中村貞文】批判 【全自動メディアシステムVAP】批判 【全自動メディアシステムVAP】詐欺 トレンドアフィリエイト 【中村貞文】クレーム返金 【転売TRADER】返金 【オバマ大統領】ストレスフリー 【オバマ大統領】認知コスト 【オバマ大統領】ストレス対処法 【堀江貴文】ボラれない方法 【堀江貴文】ボッタくり防止 【オバマ大統領】習慣化 【オバマ大統領】ルーチン化 【オバマ大統領】ストレスコントロール 【オバマ大統領】重要な決断 【オバマ大統領】スーツの色 【全自動メディアシステムVAP】クレーム返金 【安達裕一】詐欺 【株式会社パワープロモート】詐欺 【ヘルスコンサルタント養成講座】クレーム返金 【ヘルスコンサルタント養成講座】批判 【ヘルスコンサルタント養成講座】詐欺 【株式会社パワープロモート】批判 【株式会社パワープロモート】クレーム返金 【イチロー選手】認知コスト 【イチロー選手】ストレス対処法 【井口晃】クレーム返金 【井口晃】詐欺 【阿部定】クレーム返金 【阿部定】批判 【メルカリアプリチームMAT】批判 【メルカリアプリチームMAT】詐欺 【安達裕一】クレーム返金 【安達裕一】批判 【メルカリアプリチームMAT】クレーム返金 【メルカリ3分スマホビジネス】詐欺 【阿部定】詐欺 【メルカリ3分スマホビジネス】クレーム返金 【メルカリ3分スマホビジネス】批判 【ホリエモン】外注ボッタくり 【ホリエモン】ボラれない方法 【ホリエモンチャンネル】時間効率化 【ホリエモンチャンネル】時間節約術 【ホリエモンチャンネル】時間管理術 【堀江貴文】時間効率化 【せきねもん】詐欺 【せきねもん】批判 【ホリエモンチャンネル】勉強 【堀江貴文】勉強 【ホリエモン】勉強 【せきねもん】クレーム返金 【堀江貴文】時間節約術 【堀江貴文】時間管理術 【サンラインズ合同会社】詐欺 【マーケッターKEN】クレーム返金 【マーケッターKEN】批判 【マーケッターKEN】詐欺 【サンラインズ合同会社】批判 【サンラインズ合同会社】クレーム返金 【ホリエモン】時間効率化 【ホリエモン】時間節約術 【ホリエモン】時間管理術 【ホリエモン】修行 【堀江貴文】修行 【株式会社トランスペアレント】批判 【株式会社トランスペアレント】詐欺 【転売貿易革命】クレーム返金 【転売貿易革命】批判 【株式会社トランスペアレント】クレーム返金 【宮迫宏氏・橋本宏樹氏・市川清太郎氏】詐欺 【ホリエモン】ボッタくり防止 輸入・輸出転売 【宮迫宏氏・橋本宏樹氏・市川清太郎氏】クレーム返金 【宮迫宏氏・橋本宏樹氏・市川清太郎氏】批判 【転売貿易革命】詐欺 【馬場優士】クレーム返金 【サラリーマン専用!!ネオビジネス】クレーム返金 【サラリーマン専用!!ネオビジネス】批判 【サラリーマン専用!!ネオビジネス】詐欺 【ホリエモンチャンネル】修行 【馬場式フルオート型アフィリエイトスクール】詐欺 【馬場式フルオート型アフィリエイトスクール】批判 【馬場優士】批判 【馬場優士】詐欺 【馬場式フルオート型アフィリエイトスクール】クレー 【イチロー選手】習慣化 【大河内春樹・3つの起爆スイッチ】嘘・詐欺 【稼がせ屋】 【マグネット式時限爆弾投下システム】 【株式会社リード】 【佐藤啓英(ひろひで)】 【瀬戸やすふみ】 【大田賢二】 【オタケン】 【株式会社フリームーブメント】 【中野翔太】 【SMAC】 【ソーシャルメディアマスター集客クラブ】 嘘/問題/誇大広告/批判/クレーム 参加/実態 【若林祥貴・株式会社INFINITY】クレーム 【若林祥貴・株式会社INFINITY】返金 【若林祥貴・株式会社INFINITY】批判 【若林祥貴・株式会社INFINITY】嘘・詐欺 【Facebookマスターツール】誇大広告 【若林祥貴・株式会社INFINITY】誇大広告 【後だしジャンケンせどり】 【オンラインビジネスアカデミー】 【Online_Business_Academy】 【OBA】 嘘/問題/誇大広告/批判 【2015中国輸入3ステッププログラム】 【藤原敦】 【浅井式せどり塾】 【第2期】 【未来型の稼ぎ方】 【YouTubeLeadersProject】 【加倉淳治】 入塾/参加/実践/実績/実態 【市原高一】 【アフィリエイトで確実に5万円稼ぐ方法】 【アカデミアジャパン株式会社】 【石田健】 【ライフアンドスタイル株式会社】 【今関式トレカ転売スクール】 【高速クリックビジネス】 【時枝宗臣】 【インターネットビジネスアソシエイツ株式会社】 【Youtube恋愛マーケティング!】 株式会社天空】  【株式会社ラブアンドピース】 【インスタントアフィリエイト】 【小野たつなり(小野達也)】 【株式会社バリューブレイン】 【今関庸平】 【IBAオンラインスクール】 【Facebookマスターツール】返金 【Facebookマスターツール】クレーム 【YouTubeトレンドマーケティング】返金 【YouTubeフルオートシステム】嘘・詐欺 【YouTubeトレンドマーケティング】クレーム 【YouTubeトレンドマーケティング】批判 【YouTubeトレンドマーケティング】詐欺 【YouTubeフルオートシステム】批判 【YouTubeフルオートシステム】クレーム 【コピペ×YouTubeで日給2万円】批判 【コピペ×YouTubeで日給2万円】嘘・詐欺 【YouTubeフルオートシステム】誇大広告 【YouTubeフルオートシステム】返金 【重政成明】返金 【重政成明】クレーム 【キュリアスコープ岩崎秀秋】嘘・詐欺 【キュリアスコープ岩崎秀秋】批判 【THIGAティーガオークションシステム】誇大広告 【THIGAティーガオークションシステム】返金 【THIGAティーガオークションシステム】クレーム 【キュリアスコープ岩崎秀秋】クレーム 【キュリアスコープ岩崎秀秋】返金 【YouTubeアフィリエイト大百科完全版】返金 【YouTubeアフィリエイト大百科完全版】クレーム 【YouTubeアフィリエイト大百科完全版】批判 【キュリアスコープ岩崎秀秋】誇大広告 【コピペ×YouTubeで日給2万円】クレーム 【コピペ×YouTubeで日給2万円】返金 【シューマッハビジネス】誇大広告 【青木純・SENSE_PLATFORM】嘘・詐欺 【シューマッハビジネス】返金 【シューマッハビジネス】クレーム 【シューマッハビジネス】批判 【青木純・SENSE_PLATFORM】批判 【青木純・SENSE_PLATFORM】クレーム 【Facebookマスターツール】批判 【Facebookマスターツール】嘘・詐欺 【青木純・SENSE_PLATFORM】誇大広告 【青木純・SENSE_PLATFORM】返金 【シューマッハビジネス】嘘・詐欺 【高橋賢治・守破離ネット】誇大広告 【Youtube_Ultimate_Bible】クレーム 【Youtube_Ultimate_Bible】批判 【Youtube_Ultimate_Bible】嘘・詐欺 【コピペ×YouTubeで日給2万円】誇大広告 【Youtube_Ultimate_Bible】返金 【Youtube_Ultimate_Bible】誇大広告 【高橋賢治・守破離ネット】返金 【高橋賢治・守破離ネット】クレーム 【高橋賢治・守破離ネット】批判 【高橋賢治・守破離ネット】嘘・詐欺 【市原塾SEO&AffiliateSchool】 実績/実態 『SETBOOKハヤブサ』実態 『SETBOOKハヤブサ』内容 『SETBOOKハヤブサ』批評 『SETBOOKハヤブサ』クレーム 『SETBOOKハヤブサ』評判 『SETBOOKハヤブサ』返金 [株式会社イーマックジャパン] 『ブラックダイヤモンド』評判 『ブラックダイヤモンド』レビュー 【坂井ひろみ】 『SETBOOKハヤブサ』実践 『SETBOOKハヤブサ』レビュー [ダインズ株式会社] 『卯野浜塾』評判 『卯野浜塾』詐欺 『卯野浜塾』レビュー [お金の講座株式会社] [サムライ・パートナーズ株式会社] 『卯野浜塾』批評 『卯野浜塾』実態 【卯野浜良弥】 『卯野浜塾』クレーム 『卯野浜塾』返金 『卯野浜塾』内容 『ブラックダイヤモンド』クレーム 『ブラックダイヤモンド』批評 無在庫販売 eBay 【青木たかし】 『PERFECT-e』 『ゼロワン』詐欺 『メルカリスナイパー』 【斎藤祐介】 三日三月三年 石の上にも三年 新年のご挨拶,成功論,目標達成,一年の計は元旦にあり メルカリ 『ゼロワン』返金 『ゼロワン』内容 『ブラックダイヤモンド』実践 『ブラックダイヤモンド』詐欺 『ブラックダイヤモンド』返金 『ブラックダイヤモンド』内容 『ブラックダイヤモンド』実態 【大田幸男】 『ゼロワン』レビュー 『ゼロワン』実態 『ゼロワン』批評 『ゼロワン』クレーム 『ゼロワン』評判 【片桐正嗣】 『01Program』返金 【WebCultureService】 【ウェブ・カルチャー・サービス】 【加藤理人】 【真・アマゾン輸出ノウハウ】 【株式会社玉手箱】 嘘/詐欺/問題/誇大広告/騙された 被害者/批判/クレーム/苦情/返金 【株式会社モスト】 【諸見啓】 【神業EXPORTER】 【紙直樹】 【玉谷王介】 【野呂田直樹】 批判/クレーム/苦情/返金 【斉藤幸助】 嘘/詐欺/問題/誇大広告 苦情/返金/バックエンド/費用 嘘/詐欺/誇大広告/批判/クレーム 【株式会社ファウスト】 【全自動グラディエーターシステム】 【JRA倶楽部】 International】 【株式会社MJ 【高木彰人】 【武石佳大】 【石川琢麻】 【葉山直樹】 [株式会社MTS] [株式会社PND] 【田中一成】 [株式会社PARADIGM_SHIFT] 『01Program』レビュー 『01Program』評判 『01Program』内容 『01Program』捏造 『01Program』批評 『01Program』詐欺 【バナナデスク(岡田崇司)】 [株式会社move] 【株式会社RushFeed】 【中村誠】 【お金の講座株式会社】 【株式会社Catch_the_Web】 【倉科まゆ】 【有吉健二】 【落合麻子】 【江藤誠哉】 【合同会社ディスティニー】 【早乙女潤】 【THIGAティーガオークションシステム】批判 【THIGAティーガオークションシステム】嘘・詐欺 【大河内・PPCファミリーアフィリエイト】返金 【大河内・PPCファミリーアフィリエイト】誇大広告 【大河内・PPCファミリーアフィリエイト】クレーム 【大河内・PPCファミリーアフィリエイト】批判 【大河内・PPCファミリーアフィリエイト】嘘・詐欺 【大河内・PPCアフィリエイトプログラム】嘘・詐欺 【大河内・PPCアフィリエイトプログラム】批判 【せどり風スマホでおしゃべりビジネス】嘘・詐欺 【大河内・PPCアフィリエイトプログラム】誇大広告 【大河内・PPCアフィリエイトプログラム】返金 【大河内・PPCアフィリエイトプログラム】クレーム 【楠山高広・中国輸入せどらー!】誇大広告 【楠山高広・中国輸入せどらー!】返金 【e-FLAGS・中国輸入せどらー!】嘘・詐欺 【e-FLAGS・中国輸入せどらー!】批判 【原口浩・反社会勢力奴隷解放軍】誇大広告 【原口浩・反社会勢力奴隷解放軍】返金 【原口浩・反社会勢力奴隷解放軍】クレーム 【e-FLAGS・中国輸入せどらー!】クレーム 【e-FLAGS・中国輸入せどらー!】返金 【楠山高広・中国輸入せどらー!】クレーム 【楠山高広・中国輸入せどらー!】批判 【楠山高広・中国輸入せどらー!】嘘・詐欺 【e-FLAGS・中国輸入せどらー!】誇大広告 【せどり風スマホでおしゃべりビジネス】批判 【せどり風スマホでおしゃべりビジネス】クレーム 【花井志穂(猪股志穂)】返金 【三橋泰介・個人リアルビジネス起業法】嘘・詐欺 【花井志穂(猪股志穂)】クレーム 【花井志穂(猪股志穂)】批判 【花井志穂(猪股志穂)】嘘・詐欺 【三橋泰介・個人リアルビジネス起業法】批判 【三橋泰介・個人リアルビジネス起業法】クレーム 【三橋泰介・株式会社スピーチジャパン】批判 【三橋泰介・株式会社スピーチジャパン】嘘・詐欺 【三橋泰介・個人リアルビジネス起業法】誇大広告 【三橋泰介・個人リアルビジネス起業法】返金 FUN(バイヤーズファン)】誇大広告 FUN(バイヤーズファン)】返金 【大黒龍椋本龍せどり風おしゃべりビジネス】批判 【大黒龍椋本龍せどり風おしゃべりビジネス】クレーム 【大黒龍椋本龍せどり風おしゃべりビジネス】嘘・詐欺 【せどり風スマホでおしゃべりビジネス】誇大広告 【せどり風スマホでおしゃべりビジネス】返金 【大黒龍椋本龍せどり風おしゃべりビジネス】返金 【大黒龍椋本龍せどり風おしゃべりビジネス】誇大広告 FUN(バイヤーズファン)】クレーム FUN(バイヤーズファン)】批判 FUN(バイヤーズファン)】嘘・詐欺 【BUYER'S 【原口浩・反社会勢力奴隷解放軍】批判 【原口浩・反社会勢力奴隷解放軍】嘘・詐欺 【大河内春樹・3つの起爆スイッチ】批判 【大河内春樹・3つの起爆スイッチ】クレーム 三日坊主 【中川大輔・半自動報酬発生システム】誇大広告 【中川大輔・半自動報酬発生システム】返金 【大河内春樹・3つの起爆スイッチ】返金 【大河内春樹・3つの起爆スイッチ】誇大広告 【大河内春樹・2015年春PPCアフィリ】返金 【大河内春樹・2015年春PPCアフィリ】クレーム 【大河内春樹・2015年春PPCアフィリ】批判 【大河内春樹・2015年春PPCアフィリ】嘘・詐欺 【中川大輔・半自動報酬発生システム】クレーム 【中川大輔・半自動報酬発生システム】批判 【前村健輔・転売TRADER】返金 【前村健輔・転売TRADER】誇大広告 【前村健輔・転売TRADER】クレーム 【前村健輔・転売TRADER】批判 【前村健輔・転売TRADER】嘘・詐欺 【半自動報酬発生システム完全版】嘘・詐欺 【半自動報酬発生システム完全版】批判 【中川大輔・半自動報酬発生システム】嘘・詐欺 【半自動報酬発生システム完全版】誇大広告 【半自動報酬発生システム完全版】返金 【半自動報酬発生システム完全版】クレーム 【大河内春樹・2015年春PPCアフィリ】誇大広告 【西山・メルカリ転売セミナー】嘘・詐欺 【カルミア・ゴールデンウィーク】クレーム 【カルミア・ゴールデンウィーク】返金 【カルミア・ゴールデンウィーク】批判 【カルミア・ゴールデンウィーク】嘘・詐欺 【藤堂さら・ゴールデンウィーク】誇大広告 【カルミア・ゴールデンウィーク】誇大広告 【岩田晃次・反社会勢力奴隷解放軍】嘘・詐欺 【岩田晃次・反社会勢力奴隷解放軍】誇大広告 【岩田晃次・反社会勢力奴隷解放軍】返金 【岩田晃次・反社会勢力奴隷解放軍】クレーム 【岩田晃次・反社会勢力奴隷解放軍】批判 【藤堂さら・セレブトレーダーズアカデミー】返金 【藤堂さら・セレブトレーダーズアカデミー】クレーム 【エヴァー・メルカリ転売セミナー】誇大広告 【西山・メルカリ転売セミナー】返金 【西山・メルカリ転売セミナー】クレーム 【西山・メルカリ転売セミナー】批判 【エヴァー・メルカリ転売セミナー】嘘・詐欺 【エヴァー・メルカリ転売セミナー】批判 【藤堂さら・セレブトレーダーズアカデミー】批判 【藤堂さら・セレブトレーダーズアカデミー】嘘・詐欺 【エヴァー・メルカリ転売セミナー】返金 【エヴァー・メルカリ転売セミナー】クレーム 【三橋泰介・株式会社スピーチジャパン】クレーム 【三橋泰介・株式会社スピーチジャパン】返金 【宮崎正・ジャックポットミッション】クレーム 【宮崎正・ジャックポットミッション】返金 【宮崎正・ジャックポットミッション】批判 【宮崎正・ジャックポットミッション】嘘・詐欺 【宮崎正・億万長者の極秘情報】誇大広告 【宮崎正・ジャックポットミッション】誇大広告 【偏差値38でもできるスマホビジネス】嘘・詐欺 【偏差値38でもできるスマホビジネス】誇大広告 【偏差値38でもできるスマホビジネス】返金 【偏差値38でもできるスマホビジネス】クレーム 【偏差値38でもできるスマホビジネス】批判 【宮崎正・億万長者の極秘情報】返金 【宮崎正・億万長者の極秘情報】クレーム 【天野裕之・トレジャーパーフェクト】誇大広告 【MUB・トレジャーパーフェクト】嘘・詐欺 【天野裕之・トレジャーパーフェクト】返金 【天野裕之・トレジャーパーフェクト】クレーム 【天野裕之・トレジャーパーフェクト】批判 【MUB・トレジャーパーフェクト】批判 【MUB・トレジャーパーフェクト】クレーム 【宮崎正・億万長者の極秘情報】批判 【宮崎正・億万長者の極秘情報】嘘・詐欺 【MUB・トレジャーパーフェクト】誇大広告 【MUB・トレジャーパーフェクト】返金 【横山直広・松井宏晃・田中慎一】嘘・詐欺 【横山直広・松井宏晃・田中慎一】批判 【佐野式サイコロジックアフィリエイト】クレーム 【佐野式サイコロジックアフィリエイト】返金 【佐野式サイコロジックアフィリエイト】批判 【佐野式サイコロジックアフィリエイト】嘘・詐欺 【河村俊介・インフォブレイク】誇大広告 【佐野式サイコロジックアフィリエイト】誇大広告 【佐野京介サムライ・パートナーズ】嘘・詐欺 【佐野京介サムライ・パートナーズ】誇大広告 【佐野京介サムライ・パートナーズ】返金 【佐野京介サムライ・パートナーズ】クレーム 【佐野京介サムライ・パートナーズ】批判 【河村俊介・インフォブレイク】返金 【河村俊介・インフォブレイク】クレーム 【河村俊介・PPCフェニックス】嘘・詐欺 【横山直広・松井宏晃・田中慎一】誇大広告 【横山直広・松井宏晃・田中慎一】返金 【横山直広・松井宏晃・田中慎一】クレーム 【河村俊介・PPCフェニックス】批判 【河村俊介・PPCフェニックス】クレーム 【河村俊介・インフォブレイク】批判 【河村俊介・インフォブレイク】嘘・詐欺 【河村俊介・PPCフェニックス】誇大広告 【河村俊介・PPCフェニックス】返金 【天野裕之・トレジャーパーフェクト】嘘・詐欺 【ピンポンアフィリエイト】誇大広告 【米田隆晟・13桁マトリックスコードの正体】嘘・詐欺 【米田隆晟・13桁マトリックスコードの正体】批判 射倖心 ピラミッド型ヒエラルキー 連鎖販売 【米田隆晟・13桁マトリックスコードの正体】クレーム 【米田隆晟・13桁マトリックスコードの正体】返金 【高梨陽一郎・究極の継続課金型ビジネス】クレーム 【高梨陽一郎・究極の継続課金型ビジネス】批判 【高梨陽一郎・究極の継続課金型ビジネス】嘘・詐欺 【米田隆晟・13桁マトリックスコードの正体】誇大広告 無料プレゼント 無料セミナー 【米田隆晟・時給3万円の在宅ワーク】クレーム 【米田隆晟・時給3万円の在宅ワーク】返金 【米田隆晟・時給3万円の在宅ワーク】批判 【米田隆晟・時給3万円の在宅ワーク】嘘・詐欺 【三橋泰介・株式会社スピーチジャパン】誇大広告 【米田隆晟・時給3万円の在宅ワーク】誇大広告 マルチ商法 無料オプトインオファー ねずみ講 ネットワークビジネス SF商法 【高梨陽一郎・究極の継続課金型ビジネス】返金 【高梨陽一郎・究極の継続課金型ビジネス】誇大広告 【トリプルストーンアフィリエイト】批判 【トリプルストーンアフィリエイト】クレーム 【トリプルストーンアフィリエイト】嘘・詐欺 ワールドベンチャーズ WorldVentures 【トリプルストーンアフィリエイト】返金 【トリプルストーンアフィリエイト】誇大広告 【ピンポンアフィリエイト】返金 【ピンポンアフィリエイト】クレーム 【ピンポンアフィリエイト】批判 【ピンポンアフィリエイト】嘘・詐欺 【高嶋美里Global_IMM_Perfect_Academy】批判 【高嶋美里Global_IMM_Perfect_Academy】嘘・詐欺 【高梨陽一郎グローバルパワーエキスパート】返金 【高梨陽一郎グローバルパワーエキスパート】クレーム 【高梨陽一郎グローバルパワーエキスパート】批判 【高梨陽一郎グローバルパワーエキスパート】嘘・詐欺 【高梨陽一郎グローバルパワーエキスパート】誇大広告 【蝶乃舞Global_IMM_Perfect_Academy】嘘・詐欺 【蝶乃舞Global_IMM_Perfect_Academy】誇大広告 【蝶乃舞Global_IMM_Perfect_Academy】返金 【蝶乃舞Global_IMM_Perfect_Academy】クレーム 【蝶乃舞Global_IMM_Perfect_Academy】批判 【転売TRADER】誇大広告 

カテゴリで記事を探す

Copyright © STRESS FREE − annex All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。